走れ小心者 ARMADA はてなブログ版

克森淳のブログ。特にテーマもなくゆるゆると。

続・トンデモと愛国

 えー、引用RTしたツイートが引用したツイートへのツッコミなんですが、直接言うと絡まれそうなんでこう言う形に。あんな「変に右翼的な人」にかまっていられるほど、オレは暇ではない。件の「変に右翼的な人」が、どこから「1億6千年前の縄文式土器」なんて話を引っ張り出して来たのか*1知らんけど、下記記事で挙げた安倍晋太郎竹田恒泰同様、トンデモであっても自分に都合のいい作文を使っているようにしか。前述の『トンデモと愛国』では、まさにその怖さを訴えたかったのだ。

a-katu.hatenablog.com

 また、そんな事を、わりと現政権中枢に近い者や現首相の親族が行っているから、下記『トンデモと終末』で「シャバがカルト臭くなっている」と言ったのだ! オレの恐怖、伝わらんかなあ……。

a-katu.hatenablog.com

 「シャバがカルト臭くなっている」と言うのは、「江戸しぐさ」や「サムシング・グレート」や「親学」の教育界への浸透もしかり。だが、今のオレには何も出来ねえ。こうして、ブログに書くだけよ。

 ついでだから言うけど、最近の「日本スゴイ」は、「小さな日本から世界に雄飛した、すごい!」ではなく、「偉い日本に、世界はひざまずくべきだ」と言う感じで、なんだかなー。このなんだかなーは、最初に触れた「変に右翼的な人」にもかかって来るわけです。前にも書いたけど「偉い日本に、世界はひざまずくべきだ」ってところから「日本は偉い、したがって生粋の日本人であるおれも偉い」になる自意識は、遅くとも小学校とともに卒業するもんだ!

*1:だいたい、土器が一億年も残るか?

物欲と戦うか、アカウントを守るか

 ああ、アニメ版グリッドマンのスーパーミニプラが出る。実写版の方、就労支援施設への交通費のためにこないだ売っちゃったよ! 例によって、プレミアムバンダイ限定のやつも出るし。プレミアムバンダイ限定のやつだけでも押さえようかねえ、プレミアムバンダイは一年間注文しないとアカウント消されるし。しかし今は余計な出費は出来ん、悩む……。

 正直、以前グリッドマンシグマのスーパーミニプラを入手しそこねて以来、玩具収集がむなしくなってなあ。今は入手しやすい安価なプラモを、ちょこちょこと買っているくらいに。それすらも続けられそうになし、ただひたすら、脱力するもの也。積みプラにし続けるなら、持ってないのと同じな気がしてなあ……。

 人生ぷにだらけ。……言うな、勢い余って出たアドリブにすぎん。反省しておる。今はとにかく、就労支援施設への交通費や身だしなみの費用がなあ。時間はありそうなんで、アニメ版グリッドマンについてはもう少し悩んでみるが……。

確かにオレは「マニアック」だ……

 ブログで詳述していいかどうか分からないから簡単に書くが、今日はオレが友人から「マニアック」と言われた理由の一端を思い知った。嗜好がマイナーすぎるんだ、オレは! 脳ミソとってもアメリカン! ……失礼しました、取り乱しました。嗜好がマイナーすぎるとか、ヘンな事を知っているとかはオレの美質でもあるんだが、どうも今日はそれが活かせなかったみたいで。

 真面目な話、マイナー趣味だけでは太刀打ち出来ん時もある。メジャーがメジャーたる所以も知っとかんと、いろいろまずいのかも。それはそうと、ネットで『クイズ地球防衛軍』のプラズマンの画像を漁ったが、全然出て来なかった! メタルソルジャーアイザックにしときゃよかったか、そう言う問題じゃない。話をメジャーがメジャーたる所以うんぬんに戻すけど、メジャーどころは発言する者も多いから、その分ノイズも出るんだよなー。それが耐えられずメジャーどころへの言及はしにくいとも思うのだが……。

エルサレム症候群めいた話

 えー、オレにもエルサレム症候群めいた話が。1994年頃、京都に行って知恩院を巡った時、家康から家光までの霊廟だかの前で、『サムライスピリッツ』の天草四郎時貞のマネをしましてね。いや、家光と来たらどうしても島原の乱……今では呼び名は変わっているでしょうけど……を思い出したもので。そしたら知恩院で写したカメラのフィルムだけ感光してだめになってました。果たして、これは単なる偶然か否か、はたまたオレのエルサレム症候群か。信じるか信じないかは、あなた次第です。

 ……書いてて流石に酷すぎると思った。むかしはオレは徳川幕府が嫌いで、中学の時歴史の教師に怒りをぶつけたら、「秀吉であれだれであれ、同じ事をしただろう」と言われた事あったし。今は秀吉の朝鮮出兵の尻拭いをしたのが家康と聞いて、「秀吉の行いも、徳川幕府鎖国と言うか、外交に消極的になった一因かも知れないな」とか別の感情があるけど。

 それはいいとして、貼ったツイートに引用されたBBCの記事だ。なんかGoogle翻訳で読んでいたら翻訳の精度もあって頭が痛くなった。キリスト教国ならではの悩みなのか、警告ラベルうんぬんはストレスフリーを求めるあまり、ゼロ・トレランスに陥っているせいか……。新しいものに触れるチャンスを犠牲にして安全を享受するか、苦しむリスクを覚悟すべきか……。精神病患者となった今のオレには、どうも引っかかる。

 と、書いていて、まとめきれず放置していたが、宗教と距離置いたらエルサレム症候群にはならんのんちゃう? ちう身も蓋もない結論が。これでこの話をぶった切る。

過去の絵を見るのが辛い

 いかん、過去の絵を見るのが辛い。イラスト講習で自分の弱点を客観的に見つめると、アラが気になって。ブンセンの味、はいっ。アラが違う! だいたいこのギャグ、西日本限定のネタじゃわいいいっ! ……失礼しました、取り乱しました。下手でもなんでも自作を晒せる者が伸びるとも言うが、気になるもんは気になる。来週からの恐怖の10連休は、絵描きに費やそう。上手くなるには、描くしかない。と言うか、描くのを恐れすぎだ。なんでこんなことに。つれー!

 それにしても、イラスト講習の他の参加者は、気軽に自分の絵を描いている。どうすりゃいいんだ。いや、たぶんオレが考えすぎなのだろう。今気を張りすぎたら、この先辛いど。てなわけで、今朝描いたアテナを。

f:id:a_katu:20190423071400j:plain

 描き溜めたスキャン用の線画は、この描き方以前のアテナ絵なんだが、そっちはそっちで彩色しちまおう。過去絵も通った道だから。pixivでアンケート取ってもいいかもしれない。

オレは「恐怖」を娯楽として楽しめない

 こないだ広島県立美術館の企画展、『国芳から芳年へ』を見に行って気付いた。題名のとおり、オレは「恐怖」を娯楽として楽しめない*1人間だと……。世の中、怖いもの見たさに根差した娯楽としての「恐怖」は山ほどある。しかしオレは、それらにのめり込めない。何度かこのブログで話した、永井豪の『ススムちゃん大ショック』も「親に殺される」あるいは「親に捨てられる」恐怖をベースに描いた作品なんだろう。しかし、オレはそれを娯楽として楽しめない! 理由は、家庭が冷え冷えとしていたのと、一度親に児童養護施設に放り込まれそうになったのとかいろいろと……。この件に限らず、オレは「恐怖」を娯楽として楽しむ事が苦手だ。水木しげる作品も、「恐怖」だけでなくペーソスとかユーモアがある作品はまだ読めるが、貸本時代の『墓の町』は本気で怖かった。

 そこからふと思ったんだが、誰も彼も全てのコンテンツに対し、「フィクションをフィクションとして楽し」みながら受け入れるのは無理なんじゃないかと。どうしても受け入れられないものがあるのは避けられないのではと思ったら、「フィクションと現実の区別をつけろ」と言うのも、時と場合によるものでしかない気がして。必ず区別出来るとか、絶対区別出来ない*2とか言い合うから、話がこじれるのであって。これをツイッターで言う気にはなれない、何度も言うけど、あそこでは「自分の好みの価値観を、世の中の中央に据えようとする殲滅戦」が展開*3されていて、今や建設的な意見のやりとりは期待出来ないので。

 この話はちょっとだけ「互いの価値観に対しどう距離を置くか」にも繋がるんだけど、話を広げられないので、とりあえずそこは棚上げ。話をオレ自身の事に戻すけど、最後には自分の受け入れられない内容の話になっちまうんじゃないかと言う恐怖から、「未知の」他人の作った物語が苦手になりつつある。全部が全部苦手と言うわけでもないが、これで相当損している。自分で物語を作りたがるのは、その恐怖の裏返しでもあったり。どうすりゃいいのか分からないけど、とりあえず書いて置く。

*1:芳年の残酷な絵より、国芳のユーモラスな内容の絵の方が好みだったので。

*2:あるいは、「現実とフィクションの区別はない」とか。

*3:その戦い方も、「やーいやーい、ツイフェミー」対「おすしねころーず」ではねえ……。この辺は長くなりそうだし、一度言及しようとしてブログ記事を書いていたがどうにもまとまらないので下書き段階で削除したと言う経緯もあり、今は詳述しない。

週末にいろいろやる!

 下記の記事にも書いたが、寝不足とかいろいろあって疲れている。なのでもろもろの作業は、週末に回す事にする。

a-katu.hatenablog.com

 本当は久しぶりにパソコンで絵を描こうかとパソコンの前に座ったんだが、しんどくて出来ん。またしばらくだらだらと書く事にした、疲れて頭が回らないけど。しかしなー、パソコンで絵を描こうとすると、しんどくて出来ないのは何故だ。この数か月、そんな事が続いてままならぬ。あるいは広島市内でのイラスト講習が忙しくて、趣味で絵を描くのに手が回らないのかもな。以前ツイッターで、「調子の悪い時は線画の取り込みだけでもすればいい」みたく言っていた人を見かけた*1が、それすら出来んのが……。マー、最近暑いし仕方ない。

 ところで、オレは孤独だと思っていたが、意外とそうでもなかった。ツイッターでやり取り出来る相手もいるし、イラスト講習の講師や生徒とも雑談が出来るようになった。今まで、オレが周りに心を開いてなかったのかも。最近は運と言うか状況が意外とよくなっているので、願わくばこの調子が長く続いてくれればありがたいのだが。今まで七転八倒な人生だったんだからさー。……って、誰に言ってるんだよ。

 とか書いていたら、気持ちがかなり楽に。上手く言えない何かが溜まっていたのかもな。

*1:そのツイートは、今は確認出来ない。

今日は疲れた……

 今日は寝不足気味な状態で、広島市内まで行ったから疲れた。最近どうも寝不足が続く、なぜだ。

 あと、来週は恐怖の10連休。毎日遊び歩く事は出来んが、『ラジプリズム』関係のイベントと、広島コミケには行きたいね。数少ない交遊関係のある場だから。それに、10日も引きこもるわけにもいかんし。と言うか、金を使わんで連休を過ごすには、今までのイラスト講習のおさらいでもするか。だいぶ忘れてしまったが、描いたものを見れば思い出すやろ。イラスト講習と同じだけの時間、机に張り付けるかは分からんが。ダメじゃん! 連休中は家族連れが多いだろうから、あまり出歩きたくないのが本音だ。令和元年を祝え祝えと、やけくその祭りが展開しそうだしなー。昭和の終わりの「自粛」ムードよりはいいと思っていたが、あんまり変わらん気もして来た。

 それはそうと、イラスト講習でフォトショップイラストレーターを使っていたら、パスを使って描くコツみたいなものがおぼろげに。もっと早くこの辺を習得していれば、CG描きも楽だったろうに。マー、イラストレーターの教本や実際にいじってみて分かった事から学んだんだから、タイミングってのもあったんだろうが。

誰がヨセミテ・サムだって?

 アホな題名にしたが、気持ちはそれに反して晴れやかではない。なんかこの頃むかしみたいに、気軽に絵が描けなくてなー。描かなきゃ講習や教本で言っていた事は身に付かないとか、「上手くなってから描く」ではいつまで経っても描けないし描かないとかは分かってるんだが、絵を楽しむ資格があるのか疑問が。最近はもう、おっかなびっくり描いてますよ。

 かつて勤め先や職業訓練のパソコン教室やバイト先などで、さんざんな目に遭って来たから、今のイラスト講習などでも萎縮しちまう。その影響もあるんだろう、今の心理は。いや、これには前にも書いた話か。しかしなー、日が経つにつれ習い事への苦手意識から不安が。これじゃダメだ、もっと描く事に自信を持たねば。と、書いたら、少し絵が描けた。気持ちは大事ね。

f:id:a_katu:20190422073601j:plain

 と、言うわけで、その少し描けた絵を。カメラにゴミが入っちまったスマホで撮影したので、画面は汚いけど。

まだ胸が苦しい

 これを書いている4月21日午後10時半過ぎ、思考が働かないやら胸は苦しいやら。どうにもこうにも。

 こんな時ほど、自分の孤独がこたえる。誰も助けちゃくれないし、そんな人生に至った今日までのいろいろが辛くて……。なんでこうまで、さみしい思いをしなきゃならんのだ。宗教を信じたばっかりに、世の中に対する不信感だけが強く心に刻まれたせいか。いや、「世の中に対する不信感」は、学校でも家庭でも植え付けられたし。その種が宗教により、大輪の花を咲かせたかも。そのためオレ自身の中で、「世の中は悪くなる一方で、誰にも良くする事は出来ない」と言うあきらめが、あまりに強く根付いてしまったか。くっそー、こんな偏屈をこじらせて孤立した人生を歩んでいても、前述の「世の中に対する不信感」を植え付けた連中は誰も責任取りやしない! どうすりゃいいんだ。「あなたが幸せになればいい」? バカな事を言っちゃいかん、何をやっても上手くいかんのに、どうすりゃ幸せになれるってんだい!? 「目の前のご飯を、おいしく食べろ」? お前は保育士か!? ……今まで人に言われた話を基に、反論してみたが、どうにもこうにも。今のような肉体的に苦しい時、助けてくれる相手がおらんから、辛くて辛くて……。とか書いたら眠くなって来た、この記事を予約投稿して、寝よう。