走れ小心者 ARMADA はてなブログ版

克森淳のブログ。特にテーマもなくゆるゆると。

作品って物は、作る側にとっても一期一会

 この両方のツイートから、かつて書いた「作品って物は、作る側にとっても一期一会」って事(出典は下記記事)に確信を持った。三家本礼氏の言う「今描ける絵」は「今しか描けない絵」と同じ結論だが。

a-katu.hatenablog.com

 んで、オレはいろいろ尻込みしていたので、シガニーウィーバー氏の言う「絵を描く経験値」も足りてない。「絵を描けなかった経験値」は、山ほど積んだけどな。これはいかん、なんとかせんと。とは言え、焦って描いても半ちくなものにしかならんが。とりあえず、描きかけの絵をいくつか完成させなければ……。忙しさは、連休を挟んでひと段落したので。ここで気を付けねばならんのは、過去に描く事を邪魔されたり、絵を破かれたりした過去に耽溺しない事だ。描いてるうちにそれらを思い出して、泣いて暮らしていた時期も長かった*1ものな。ちくしょう。さて、気を引き締め直さんとな。

 と言うか、オレが若かった頃にいろいろ選択ミスをせねば、今頃もうちょっと創作者としてレベルが上だったかも知れんが、それも愚痴……。せめて若い頃、上記ツイートの三家本氏みたいに「カスみたいな奴を気にしすぎて描かないのはもったいない」と言ってくれる人なといたなら、話は違っていたろうに。しかしいろいろあって、今から描かなきゃしょうがないじゃないかと思っている。こう思えるのは、人生の転機があったからなんだが、それも繰り言にするわけにもいかんので、今回は割愛する。だが、2009年から2018年くらいまでのオレは、人生に期待が持てず捨て鉢で、挙げ句の果てに深刻なセルフネグレクトをしていたとは書いておく。2015年くらいからおかしくなったと思っていたが、どうも2009年あたりからいろいろ歪(ひず)みがあったみたいで。その理由は、最初に入った作業所の環境に馴染めなかった事に端を発する。それをオイオイ泣きながら書く事も出来るが、そんな暇はない。もうひとつ言うなら、オレの心のどこかに「絵なんか描いてもどうにもならねえよ……」と言う自己嫌悪もあったみたいで。それは家族や環境が植え付けやがったものだが、今それを嘆いても「絵を描く経験値」になるわけでもないから、これもこれ以上言及しない。これらを克服とまではいかんが、がっぷり四つに組む余裕は出来たみたいだ。そんなこんなで、絵を描かんと……。

*1:それが上述の「いろいろ尻込みしていた」のにも繋がる。

でんぐりん、でんぐりん……

 いぢめるの? ……また『ぼのぼの』ネタかよ。それはさておき、オレは悲しい。残酷な世間に殺される日が刻々迫ってくるようで。どう対抗したらいいのかなあ……。それを思うと、より悲しく。対抗する術がない気がしてね。「随分、弱気になってるじゃねえか」と言われそうだが、KADOKAWA夏野剛が、自社のマンガなどをGAFAにケツの穴差し出すと言わんばかりの事を言ったり、なんだか分からないうちに本多平直さんが立憲民主党から離党し議員辞職まで行ったり、表現規制反対派には逆境が押し寄せては。死のうかしらと何度も思ったけど、死ぬに死ねない。「萌え絵」はダメで、モータルコンバットはOKな、まるでダメなファミ通のライターみたいなGAFAの連中の基準が押し寄せては、オレの生きる場所が日本にすらなくなる。どうせえっちゅうんじゃ! と言うか、誰か一思いに殺してくれ! その方があきらめがつく。

大焦熱地獄ニッポン

 あまりの暑さに、体調を崩したかも知れん。ダメだこりゃ。こんな状況で物を言えるわけはない、しばらく黙っているしか。これだけなら「ツイッターでやれ」と言うものだけど、ツイッターで物言う気力もなし。ただひたすら、脱力するもの也。

 暑さと不調で、自分が嫌になる。オレはどうすればいいのか。

おおっ! ちから!

 このツイートを受けて、オレはこんな事を。

 確かに、家族に金をせびられたり、最悪執筆中にさえ「ああしろ、こうしろ」と言われ続けるのも面白くない話だけど、手のひら返しをする様を鼻で嗤ってやりたかった……。オレの力が足りなかったばっかりに! ちくしょう。この辺、すっげえ骨絡みになっていて、思い出す度に溜め息が出る。そりゃ、絵やマンガで身を立てられなかったとて死にはしないが、悔しいもんは悔しい。つまらん*1マンガが書店の棚に陣取り、オレはそれより面白いマンガを描けんとなると。このジレンマから、書店のマンガコーナーに行くのも、コンビニの本棚に行くのも苦痛で、ネットのマンガ系電子書籍の広告に吐き気さえする日々が続いていた。今はそこまで苦痛ではないが、オレは作品を世に問う力すらなかったのかといじけてはいた。いろいろあって、そのいじけも克服出来そうだけど。そうでなかったら、もっとドロドロと恨みがましい事を書いているよ。いじけなくてもよくなった理由はいろいろあるが、最大の理由はサブカルビジネスセンター(以下、サブカルBC)に通い出した事だろう。あそこでいろいろやって行くうちに、いらん劣等感が解消されてなあ。ただ、サブカルBC内の仕事がいろいろあって、趣味として描きたい絵やマンガのための時間が激減はしたな。絵やマンガで身を立てられなかったけど、あきらめは悪くてね。だからサブカルBCにたどり着けたと言えるんだけど。

 銭金の話はいったん横に置いとくとして、オレが再三言ってる「絵を通して社会と繋がりたい」と言う気持ちは、いけない事なんでしょうか? オレは否だと思うから描いていられるんだけど、世の「キャンセルカルチャー」とやらを標榜する連中は、そう思ってないみたいだからなあ……。くそっ。と言うか、あとのケンカを先にしとくけど、オレは「キャンセルカルチャー」もまた「とにかく、我々の気分のいいように振る舞え」と言う同調圧力に見えて。そんなの気にせず描けばよかったのかも知れんが、そう出来んかった時期が数年あったんだよ……。その頃はうつ状態セルフネグレクトも酷かったけど、ある種の同調圧力もオレを追い詰めていたのは間違いない。サブカルBCに通い、ネットで極論吐いている連中は極端も極端な輩ばかりで、世間の人はそこまで極端でない*2事を噛みしめる事になるが。また、ネットで自分の意見を言う事への気後れが、描く事にも悪影響を与えていたのも痛感した。繰り言だが、何をいちびっていたのじゃオレは……。マー、おのれの力不足と自己主張を抑えられて生きて来た時期が、まだオレ自身の足かせになってるとしか。

 と言うわけで、この記事そろそろ終わりにする。書いてるうちに自己嫌悪が襲って来て、話が上手くまとまらんのだ。無理くり話を続けると「面白いって、なによ」と言う問題に行き着く。オレの気に入らない作品より面白い作品が描けてないと言うジレンマにしても「面白い」がいろいろあるとなると、創作においては競争・勝ち負けはジャッジしにくいのではと。椎名高志氏のこのツイートにあるように。

 してみると、筆を折らん事しかないか……。ウーム。

*1:と言うと、とても語弊があるが。

*2:逆に言えば、世間の多くはどっちつかずとも。

ホントはオレ、自分のブログの記事書いてる場合じゃないけど

 ホントに自分のブログの記事書いてる場合じゃねえんだが、気晴らしをしたい。ところで、最近また特撮をちょこちょこ見てるんだが、そのひとつ『ウルトラマントリガー』ですよ。こんな感想ツイートをしてしまった。

 主人公がいちいち説明台詞を垂れ流すのが、見ていて辛い。ツイートにも書いたように、特撮はいいんだが……。どういいのかと言うのは、詳述しにくい。殺陣とかのアングルや細部の描写、建物破壊の臨場感にハッとさせられてると言うか。去年のウルトラマンウルトラマンZ』をほぼ見てないから、去年の特撮で似たような事をやっていたとしたら、アレだけど。一部がテラフォーミングされた火星から話がはじまったり面白い事はやってるが、主人公の台詞のくどさがなあ。上記ツイートで、ゴールデンラッキーをたとえに出したオレもオレだが。詳述すると、劇中のテレビドラマで泳いでるばあさんが、何故泳いでいるかを3コマにわたって台詞で説明して、オチで見ていた親子が「わからないところ、ひとつもなかったね、ママ!」「わからないところ、ひとつもなかったわ」と言い合う4コマがゴールデンラッキーにあってね。これをギャグじゃなく、素でやられては。あと、東映特撮YouTubeオフィシャルチャンネルで、スポーツセレクション*1と称して『超神ビビューン』の1話をやっていて、すわと飛びついた。ぜひとも全話配信やらんかな。いえね、幼少のみぎりに見て、それっきりだったもので。再放送も少ないし、ソフトも持ってなかったし。しかし、パワー担当の超神「ズシーン」が『アクマイザー3』のイビルの魂を受け継いでいたとは。ずっと、ガブラの魂を受け継いでいるものと思ってました。ガブラは水の超神「バシャーン」の方だったけど、よく考えたらガブラも水に縁のあるヒーローだったな。と言ったところで、この記事ここまで。

*1:たぶん、五輪と連動しての事だろう。

おおおおお~! と、うめかなくてもよさげで……。

 サブカルビジネスセンター(以下、サブカルBC)で女性のスタッフや利用者と話が出来る機会が増え、女性に対する幻想が弱くなって来た。「お互い人間なんだ」と認識出来て「オレはモテないダメな男だ、ちくしょう!」と言う劣等感も消えた。木江田(きえた)博士は、タイムボカンの登場人物だが。何言ってるんだ。話を戻そう、オレは女性と縁がないとあきらめ、半ば捨て鉢になっていたところはあったが、今はそうでもない。別にサブカルBCをナンパの場所みたくは考えてないが、男女関係について自分をことさら卑下したり「オレがモテないのは、どう考えても女が悪い!」*1と言う極論に至るような事もないかとね……。サブカルBCの前に通っていた、いわゆる作業所に女性のスタッフや利用者がいなかったわけではないが、心の中で「オレには関係のない人びとだ……」と思っていた。サブカルBCの場合、利用者がだいたいアニメやマンガやゲームに興味のある者なので、話に共通項があったのは事実だ。だから「お互い人間なんだ」と感じやすかったのかも知れない。「お互い人間なんだ」と言う事は、お前は女性を人間扱いしてなかったのか! と、お叱りを受けそうだが、それで語弊があるなら「自分と完全に縁のない存在とは限らなかったんだ」と言うか。これは大きいよ。ジェンダーバイアスだなんだの前に、女性が「自分と完全に縁のない存在」でしかなく、どう接したらいいか見当も付かない人が多いんじゃないかな。オタク男性の場合は。それだけならばまだいいが、自分に危害を加える社会の一員だと思ってたら……。オレの話に戻るが、自分と完全に無縁でない存在だと現実の女性を認識出来るようになってから、いろいろいい方向に向かっている。今まで「おおおおお~!」と題名でうめいて、自分のさみしさをブログに吐露していたが、そうしなくてもよさそうだとかな。

 と、書いたあと、さっぱり話が繋がらなくなった。なのでこの記事、ここで終わりにする。

*1:あとのケンカを先にしとくけど、オレがこう考えてるわけじゃなく、逆恨みする事はないと言うもののたとえだ。

くおお……

 正直、オレはツイッターの喧騒を離れ、絵を描いていたい。しかし、題材がない。クリスタロキューショーン! ……なんのこっちゃ。すまん、クリスタロキューションの使い手バンザイトロンが、下記ツイートにあるように模型化すると聞いて、つい。だからクリスタロキューションって、なによ。トランスフォーマーの世界の格闘技だよ。

 話題を絵に戻そう、前述の題材がないってのは、パソコンにスキャンした下描きが代わり映えせんかったので、つい。かくなれば、地道に塩漬けになってたマンガ原稿に手を付けるでゴンスよ。新規にスキャンしたくても、こう暑くては冷房のないスキャナーのある部屋に行くのも辛くて。それにそんなに下描き描いてなかったし。だから題名が「くおお……」と。

 あと、オレは上述の塩漬け原稿とは別に塩漬け原稿・ネームがある。これらも完成させたいが、いつになったら……。部屋が片付いてないから、一度にあれもこれも出来んのだよ。「だったらブログ書いてんじゃねえよ」とのお叱りは、甘んじて受ける。現実逃避もたいがいにしろと、自分に言いたいしね。よし、とりあえず塩漬け原稿の再生だ。

沈黙は悪徳とは言え

 昨日、こんなツイートをした。

 上記二番目のツイートが、オレのそれとしては珍しく注目されたけど、RTや「いいね」をして来た者の中には以前から言動を疑問視していた奴もいた。誰かは言わねえけどな。んで、今日このツイートをした。

 これは「言動を疑問視していた奴」などへの牽制もかねた発言だったが、そのあと急にむなしくなってなあ……。それはさておき、オレがオリンピック開会式でのゲームミュージック使用と平井卓也についてを同じツイートで言ったのは、現政権とその周辺の連中によるメディア掌握を感じたからだ。一方で上げときながら一方で下げるのは、支配するのに都合よい方向に動かそうとしているとしか。それを阻止しようとか、あるいはメディアの底力を使って対抗しようとかを左派がしないのにも腹が立つ。だからむなしくなったんだよ……って、書けば書くほど悲しなって来たわ。オレひとりでこの状況を改善出来るとも、味方を集めて対抗出来るとも思えず。開会式について、黙っていればよかったか。しかしオレの政治についてのメンターたるカマヤン(id:kamayan)さんが「沈黙は悪徳です」と言っていたので、あの時言わなきゃ別の意味で後悔してたろうし。難しいもんだね。ゲームミュージックが使われただけで喜ぶオタクはちょろいと言う当てこすりにもならない一部の発言は、速水螺旋人さんがこう言ってたけど。

 だからオレも、メディアの底力を使って対抗しようと言っていたのに、今のところそっちには反応が薄い……。面白くねえなあ。

自己決定権は、すごく重い~!

 ちょこちょこと、下記記事で書いた塩漬け原稿を再生させているのだが、自分で「ここまででいい」と決めて描かねばならんのは、すっげえきつい。それは後述する。

a-katu.hatenablog.com

 きついのは、下記記事でも触れた空知英秋氏言うところの「一人で原稿を仕上げる大変さ」「その圧倒的な作業量と時間」がのしかかっているからだ。それは題名にも書いた、自己決定権の重さでもある。それを乗り越えられんと、マンガなんて描いてられないのだが。おまけにデジタルでマンガ描くと、いくらでも直せるからキリがないのよ。マー、欲を出さず「今の自分に出来る事はここまでだ、この不満を次にぶつけよう」と思って先に進むしかねえ。

a-katu.hatenablog.com

 完成したらどう発表しようかなあ、pixivは会員限定だからBOOTHで無料本かなあ。銭が取れる絵やマンガではないと思ってるし。そこら辺を決めるのも自分だから、そこにも自己決定権の重さががが。と、書いてて思ったのだが、創作する者は常に自己決定の重さや苦悩と戦っているとも言える。だから自己決定権を大切にする人も多いんだと思う、知らんけど。そこに踏み込む気には今なれん。と言うのも、正直ごちゃごちゃ言う気力が……。

 と、書いてから急にものを言う気力がなくなってしまった。先が見えない世界の状況に、ハッキリ言って耐えられんのよ。

また頭がごちゃごちゃして来たぞ

 プラモ作りで気を紛らわそうとしたが、今は組み立て説明書が頭に入らない。頭がごちゃごちゃしている証拠だ、トホホ。暑さで考え事が出来ない状態な上、持病の精神病が悪化しているようでは、そりゃ……。

 頭がごちゃごちゃしている時に、頭を使う作業なんか出来ますかいっ!? しかしそんな時に絵を描くとかプラモ作りとか、頭を使う娯楽ばかりに目が行くのは。プラモは組み立て説明書が理解出来なければお手上げだ、それが悲しいんだよ。プラモ作りが出来る程度に頭が回復するまで、出来るだけ休むしかないのかしら。プラモ作りは置いといて、絵を描きたい気持ちは出てきたものの、頭が働くかどうか分からん。なんでこうなったのか。「やれば、やる気は出る」と言うけど、果たしてどうなります事やら。