走れ小心者 ARMADA はてなブログ版

克森淳のブログ。特にテーマもなくゆるゆると。

宇宙怪物ナニも書けん

 うーむ、頭が全然働かず、何も書けん。愚痴こぼしを狙って記事を書きはじめたはずが、どうしたものか。たいした事でない悩みをひとつ吐いて、閲覧者のご機嫌をうかがおう。少し前からエロ絵専門SNS『ニジエ』に投稿を再開した。5年前に「なんか、違いますな」と言う違和感が出て、ぷっつり投稿してなかったんだけど。ニジエでは今、別のハンドルネームでやってるけど、投稿してる絵はpixivと同じだ。それはいいんだけど、どうしたものかと。pixivで挙げているオリキャラは、pixivで見てる人の反応などを見つつ描いた蓄積があったけど、ニジエでは5年のブランク*1などから、蓄積がない。そこにpixivと同じ事をしても、浮いてしまいそうで。そうでなくても、ニジエのサイト*2の下品さに違和感はあるってのに。エロは下品なものだと言い切ってしまえば、世間の同調圧力に屈したみたいなんでねえ……。ニジエでは二次創作中心にするか……、とは言え二次創作エロへの風当たりは強くなってるし……。今忙しいから、絵を描く時間もないしなあ。今朝、一枚pixivの方に新作挙げたけども、途中で塩漬けになっていた絵を、幸運にも仕上げられたものだしな。そう言う絵も、パソコンにそうそうないんだ。ニジエの件に話を戻すが、最初の方で「なんか、違いますな」と書いたように、ニジエと言う場所と相性が悪いのかも知れない。ニジエ独自の絵を描こうとしてないしな……。

 あるいはニジエでは「場での蓄積」と言ったものが全然足りてないだけかも知れんが、どう言う見せ方、アピールのしかたがあるのか、さっぱり見当がつかん。その程度には「場での蓄積」がなさすぎる。「場での蓄積って、なによ」と言われそうだが、他のユーザーとの交流や「見てもらえる安心感」など、続けて行くうちに生まれるものかな。これがないと、オレはpixivでもツイッターでも絵を発表するのがきつかったかも知れん。とか書いていたら、本格的に思考が停止して来た。この記事もこの辺で。

*1:ハンドルネーム変えてるのも、それが重くて。

*2:投稿されてる絵そのものではない、念のため。

今日はブログ書くつもりはなかったが

 今日はブログ書くつもりは毛頭なかったが、昨日ワクチン一回目接種したのにツイッターで「答えのない早押しクイズ」をして消耗したら、ワクチンの副反応より怖い事になりそうで。だからちょっとダラダラと、この記事でぼやく事にした。

 ぼやきその1、最近エロ絵を描く気力がない。いや、エロ以外も描くに描けてないが、オレは枯れたんかなと。4年前塩漬けにした原稿を完成させてから、急に気が抜けたのもあろうが、もうちょっとなんとかならんものか。エロ非エロ問わず、趣味の範囲で絵を描けんと、つまらんし。

 ぼやきその2、前述のワクチン副反応は、熱とかはないけど食が細くなって。あと、打った日の昨日からちょっと頭がぼんやりしている。思考が上手くまとまってくれんのだ。だからツイッター控える事に……。食が細いと言っても、いつもの三分の二くらいの量で「もういいや」と思うくらいだが。やけ食いも出来んかったし。何故やけ食いしようとしたのかは聞くな、今は言いたくない。

 ぼやきその3、プレミアムバンダイが11月で代金引換をやめる。それをぼやいたツイートが、これだ。

 そうでなくても、ネットショッピングはだいたいクレカを使えって言うところばかりだ。このせいで、radikoプレミアムにも入れねえ。なんてこったいオリーブ。

 ぼやきその4、いきなり寒くなった。スマホの天気予報でそうなると見ていたが、衣替えの準備が遅れてしまって……。

 ぼやきその5、最近また、自分で自分の面倒見るのが辛い。ワクチン打ったあとから、尚更だ。上に書いた「衣替えの準備」うんぬんも、自分で自分の面倒を見るのが辛いのと無縁ではない。と言うか今、何をやっても「死ねばいいだけの話じゃないですか」みたいな気持ちに……。これはまずい、この記事この辺にして、対策を練ろう。

恒産なき者は、絵を描いたらあかんのかっ!?

 これから、かなり気が重い話をする。サブカルビジネスセンター(以下、サブカルBC)で、利用者とマンガを描く事について話をした時、ハートネットTV生活保護の回がらみで内田かずひろ氏の話から「マンガ家の経済事情」になってしまった。時間的にも内容的にもリソースが足りず、手短な話になったものの、今なお気が重い。いえね、詳述はしないけど、オレだっていつサブカルBCに通える程度の環境が崩壊してもおかしくないので……。それを内田氏の話がらみで思い出し、気が滅入ってるんだよ。内田氏がどう言う事になってるかは、ハッキリ言って言及しとうない。明日のオレの姿かも知れんのだからな……。そんな話、言及出来るか。それで題名も、あんな事になったわけです。正直、貧困層や生活が苦しい者は、今の社会が邪魔者扱いしてるからな。そんな状況に掉さすために、サブカルBCで奮闘していたものの、あんな話が出ては落ち込むしかない。

 前述の利用者との話の中、マンガ家がデビュー出来るまでのタイムラグと言うかきちんと執筆出来るようになるまでの無保証さにも話が及んだが、これも重い話だ。ハッキリ言って、出版社による使い捨てとセットになっているからな、そこは。と、書いていたところに、こんなツイートを見つけた。

 絵やマンガ(あとモデリング)の世界だって、スポーツとは違った意味での研鑽がいるんだぞ! なんてこった。マンガ家が食えないのは、みなもと太郎の言う「自由業に保証がないのは当然」以前に、世間が「一人前の職業」と認めなかったからかも知れない。腹立つなあ、いろいろと。このあたり、今のオレの心境ではまとめようもないので、またしても放り投げる。文科系の者に冷たい社会を呪いつつ、この記事終わる……。

明日からしばらくブログ休む

 明日からしばらく、このブログ休む。いろいろあって。コロナウイルスのワクチン打つので、副反応次第ではブログどころじゃないよ……。悪運は強い方のオレだが、肉体的には弱弱しいからな。

 それだけだと「ツイッターでやれ」と言う事だから、もう少し。オレはもっと自信を持って生きる事にした。オレはオレが思ってるより、ずっと立派な人間だったみたいなんで。なんでそう思ったかは言わない、個人的すぎる事ばかりだからな。さておき、人生の強制終了も考えていたオレが、そこまで立ち直ったんだから人生も世の中も分からん。何よりあきらめずに生きて来たオレ、偉いぞ。やっぱり心の支えは多い方がいいね。

ぅわ、驚いた!

 こないだオレはひょーせん*1さんの著書『日本怪異妖怪事典 関東』を買った。いろいろ世話になった方だし、御祝儀として。この本の263ページにある「小袴(ちいばかま)」の項目、オレが間接的に関係してるかも知れん。と言うのも、ひょーせんさん経由でツイッターに「ちいちい小袴(こばかま)」と言う民話についての話が出た時「そう言えば似たような話が」と、オレは新聞で見た「小袴(ちいばかま)」の話をしたのだ。その後、ひょーせんさんの周辺の者たちが、原典*2を突き止めたので慄然としたのを覚えている。まさかオレの言った事が、巡り巡って本に収録されるとはねー。いつかはひょーせんさんも「小袴(ちいばかま)」にたどり着いたかも知れんけど、なんでも言っておくものですな。しかしpixivでひょーせんさんを知って13年、彼はここまでビッグになったと言うのに、オレはまだ雄飛出来てない気がする。いくら持病で思うように行動取れなんだとは言え、なあ。サブカルビジネスセンター(以下、サブカルBC)のこの欄で「雄飛したい」と言い*3つつ……、このっ。いや、サブカルBCで頑張って、少しずつオレの状況はよくなったと思う。だがまだ力不足だ……とまで書いて、オレはないものねだりしすぎではと思った。ひょーせんさんはひょーせんさん、オレはオレでしょう? そう考えんと、潰れてしまう。

 ところでひょーせんさんは、来月にも本を出す。『列伝体 妖怪学前史』と言う奴だ。彼は共同編者としても名を連ね、本文にもいくつか文章を書いている。出版社の勉誠出版の該当書籍ページと、そこから読める目次からの情報だ。目次に踊る文章の魅力に当てられ、買うしかと……。今月来月、すっげえ出費*4だが、飯代節約すればなんとかなるだろ。そこまでする価値はある。

*1:正式な号は「氷厘亭氷泉」だが、書くのがきついので、ひょーせんさんと呼ぶ事にする。

*2:今泉みねと言う人の『名ごりの夢 蘭医桂川家に生れて』と言う本だ。

*3:サブカルBCでのペンネームは、新豊玉三郎

*4:ひょーせんさんの本二冊だけでなく、スパロボ30もあるし。

電子書籍予約開始

 ついに我がマンガの電子書籍が、予約等開始したので、下記に宣伝する。タイトルは『爆烈戦隊チャレンジャーズ』だ、よろしくな!

bookwalker.jp

katumori.booth.pm

 あと、メロンブックスにも登録したけど、配信期日の11月3日まで書籍情報が出んのじゃ~、くそっ。さておき、今回の電子書籍登録が、オレにとってはいろいろ気持ちの区切りになってはいる。と言うか、なかせよしみ氏の「いっせい配信」を知った*1のも、サブカルビジネスセンター(以下、サブカルBC)に通い出したのも、そこで学んだクリスタを自宅で使おうと思ったのも、原稿が4年以上塩漬けになったのも、この瞬間のための布石だったのかも知れない。サブカルBCに通うようになってから、流れが一気に加速した感はあるけど。

 問題は、次以降だよ。『爆烈戦隊チャレンジャーズ』は2話目以降の構想もあるが、それを描くのにまた4年もかけられん。年齢的にな。マー、1話の下描きまでは一月もかからなかった記憶があるから、2話目も取りかかれば早かろうが……。作画的には、今回つちかったスキルもあることだし。実際描くとなったら、いくつかの構想ははしょらなければならないけど。頭の中で、そこら辺の整理や収斂は続けているし。しかしなー、愚痴っても仕方ない事だけど、自分の考えた変形・合体ロボの構造がいざ描いてみると決まらないのが残念。一枚きちっと描いてコピペを使い回すのも考えたが、なんにせよ描かんと……。

 話を「いっせい配信」に合わせた事に移そう。いっぺんやってみたかったのもあるし、他の同人作家への顔繋ぎも考えての事もあったんだよね。pixivで無料公開してもよかったが「いっせい配信」に参加したらどう言う世界が見えるのか気にはなって。なかせ氏と私では斯界における知名度が違うから、彼の世話になる事で、見てもらえる機会かなんか増えんかと思ったのはある。「ひとりには、ひとり分の事しか出来ない」しねえ。pixivには固定ファンがいるが、作品を広めあうと言う点においては、かなり不安があって。

 と言うわけで、いきなりはじめた電子書籍配信、たのむぜ!

*1:配信日を11月3日にしたのは、まさに「いっせい配信」に合わせての事だ。

横暴な奴が闊歩する作品が嫌い

 オレが嫌いな作品のひとつに「横暴な奴が闊歩する作品」があった事に気づいた。藤子Fの『コロリ転げた木の根っ子』とかな。キャラ単位で言えば、Dr.スランプのペンギン村の婦警とか、片山まさゆきの『大トロ俱楽部』に出て来たゲームの邪魔をするクソジジイとかな……。なんでそんな話をするのかって? サブカルビジネスセンター(以下、サブカルBC)の利用者が自分のツイッターで発表しているマンガに、横暴極まりないキャラが出て来たからじゃっ! それで記憶が繋がり、いらん事を思い出したわけです。「敵も酷い奴だが、それをやっつける主人公は、もっと酷い奴だった」パターンのマンガは以前オレも描いたが、利用者の描いたキャラは、単に横暴なだけだしなあ……。やれやれ。しかしスティーブン・キングの『ミザリー』じゃないけど、拉致監禁してそのキャラを強制退場させる話を描かせるわけにもいかん。それに、オレがそのキャラを惨殺する二次創作をしても、いろいろ困る事になりそうで。お手上げです。

 アンチテーゼとして「横暴な奴*1が酷い目に遭うマンガ」を描こうにも、その横暴な奴を描くのが苦手だ。ツイッターにはお手本が、ここにもそこにもあそこにもいるけどにゃー。「にゃー」じゃねえよ! 以前オレが描いた「敵も酷い奴だが、それをやっつける主人公は、もっと酷い奴だった」パターンのマンガにしたって、もっと敵を酷く描けばよかったと後悔してるよ。むかし、山田玲司がある雑誌のマンガの描き方相談で「どうしても悪人が描けません」と言う相談に対し「『クッキングパパ』を描きなさい!」と答えていたが、オレも悪意と程遠い世界を描いていた方がいいのかも知れない。そっちの方がアンチテーゼになるんかなとも。しかし悔しいなあ、最初に述べたサブカルBCの利用者のマンガが、オレのマンガより注目されているかも知れないと思うと……。ツイッター*2は、注目されている相手に取り上げられないと見てもらえるチャンスが激減するとは言え……。どうすりゃいいのさ、この私! コーココ、困った!

*1:前述の、利用者のマンガのキャラを直接描くわけではない。

*2:と言うよりSNS全般か。

オレの創作ここだけの話

 ブログ記事にした時点で、ここだけの話もへったくれもないが……。さておき、こんなツイートをした。

 どのマンガの、どのキャラがゲイになる予定だったかは言わんぞ。オレがゲイのキャラを描こうとして上手くいかんかったのは、たとえ自分のキャラとは言え、他人様のセクシュアリティをいじるのが辛いのかも知れん。痴女と言うか、性的に放埓な女性はなんぼでも描く癖に、そう言っても説得力はなかろうが……。してみると、単にゲイを描きたくないだけな気もして来た。その理由も心当たりがあるが、言えば世間とのケンカじゃ済まん気がするので言えない。そうでなくても、その気(け)のない男が男同士の恋愛や性愛を描いたらいかんと言う法はない*1が、面白半分で描く事でもない気もするし。

 スーパーマンの息子がバイだろうとなかろうと、オレに余慶があるでなし。だからそこは「そんなことはしらん」でしかないのだが、つい思い出した事を書いてしまった。創作の話の続きをしよう、と言うか「描いてギクシャクする設定なら、なんであれ描かん方がましだ」とだけ言えばよかった気がする。マー、キャラは描いているうちに一人歩きするもんだが、そこまで同じキャラを描いたわけではなかった。最近は機会があって、結構一人歩きしてるキャラいるけどな。それはいいとして、いつまで創作が出来るんでしょうね? なるたけ長く、創作したいものですよね……。なんでそんな事を言うのかって? オレ、長生き出来そうにないからさ。

*1:少なくとも、この記事書いてる現在の日本にはだが。

今日は寝てばっかりや

 頭がぼんやりするのと腹具合がよくないのとで、今日は寝てばっかりや……。とにかく動きたくないねん。頭が働かんので、ツイートもブログ書きも上手く出来ん。今日はダメだ、いろいろと。

 ところで、自分のマンガの電子書籍化の目処がひとつ立ったので、後日知らせる事にする。楽しみに待っていてくれ……はいいんだが、やっぱり頭が働かず、これ以上何を言えばいいか。さらばだ。

チャンチキ、チャンチキ、チャンチキお~け~さ~……

 もう、なんだかわからん題名だ。ちょっとヤケになってるんだよ、いろいろあって。選挙で自民党の圧勝は免れんだろうし、そうなると日本は中国人もびっくりなディストピアになるだろうし、それ以前に創作をいつまで続けられるか分からん状況になるだろうし……。今の自民党に比べれば、N線の実在の方がまだ信じられるから、つい。もし今の自民党に都合のいい改憲をされたら、中国相手に無謀な戦争をしボロ負けして、中国に占領されウイグルや香港以上に酷い目に遭い、日本の美質は消滅する! それでいいんかお前ら! これ以上、書き物する気力はないので、この記事ここまで。