走れ小心者 ARMADA はてなブログ版

克森淳のブログ。特にテーマもなくゆるゆると。

マンガ描く事と年齢

 30代で絵を描きはじめ、43歳で4コマ誌デビュー、45歳で商業誌の連載獲得と言う経緯をたどった「モトカズ」氏と言うマンガ家がいる。他にも最近は30代・40代・50代でデビューする方がいる。30年前、噂の眞相の読者欄にあった20代のマンガ家志望者を「君、年取りすぎてんだよね」と、編集者が門前払いした話に比べれば隔世の感があるのー……。今の状況にはいろいろ理由みたいなものは考えられるが、割愛する。問題はオレ自身の事だよ。こう言う状況だからって、オレも商業誌デビューが出来るとは思っちゃいないが、マンガを描く好機が50代になった今だと言うのは感じていて。マンガ描きが「一生もの」の趣味になったのもあるが、デジタルツールが発達した状況もよかったんですよ。それがなければ、オレは相当苦戦したろうし。とりあえず還暦までは「つっぱしり元太郎」で行こう、20代から40代前半までの不遇な時期を供養する意味でも。還暦になったら描くのをやめるわけじゃなく、50代でどこまで出来るかを試したいんだ。

 と言うか、50になってから、年齢は気にしないようにしている。描きたいものがある限り、これからの年齢においてもやれる事はあるはずだ。年齢うんぬんで言えば、オレが前の段落などで還暦にこだわっているのは、手塚治虫の享年が60だったからだろう。彼ほど描いてるわけじゃないけど、つい。結局、年齢意識しとる。しかし手塚が死んだ1989年とは、いろんな意味で時代が違う。やっぱり(オレ自身の)年齢の事は、描ける限り言うまい。この記事は「さらにオレのマンガ道」シリーズの一編として書いていたが、急遽普通の記事として公開する事にした。

いろいろ辛い、今週はもうブログ書けん

 この数日、原因不明の落胆など心身が酷い事になってるので、明日から土曜が終わるまでブログ更新なしにする。この記事も、長々引っ張れん。それにしても、こうまで心身が不安定なのは何年ぶりかと言うレベルである。風呂入るのが面倒くさいと感じたり、食欲もなかったり、絵描きマンガ描きに集中出来んかったり……。「創作同人電子書籍」いっせい配信日が近いのに、なんでこんな事に……季節の変わり目で、体調などが不安定になってる可能性もあるな。いずれにせよ、ブログで長文書いて消耗するわけには。

 こんな話していたら、ますます気が滅入って来た。この記事もこの辺にしておく。

くうう……

 昨日、しばらくブログ休むと言いながらブログ記事出すのは気が引ける*1けど、気が滅入って愚痴りたくなったんだ。そんな長文にはならんが。

 親父は生前、オレに向かって「わしもお前も、環境に潰されたの」と言った事があるが、オレにすれば親父も環境の一要素なんだが。もっと言えば、親父をはじめとする数多くのDQNに、オレは潰されたんだ! ちくしょー。この話をツイッターに書く予定だったが、その時には「嫌な思い出をぐずぐず言っても、どうしようもない」気がして黙ったものの、気の滅入りが酷くて吐き出す事にした。DQNどもに潰されはしたが、潰されっぱなしと言うわけじゃないから、まだいいけど……。何がどう潰されっぱなしじゃないのかだが、マンガ描きに復帰出来たのが大きいかなあ?

 と言うか、今まで10代20代の頃のしくじりを引きずり過ぎた。年齢的に、そんな事は言っちゃおれん。過去は変えようはないし死ぬまでついて回るが、今の状況は悪くないんだから、まずはそれを利用するしか。これから辛い過去を思い出す事はあっても、それに沈むわけにもいかんのだ。そう書いたら楽になった、パソコン立ち上げてマンガなどを描こう……。

*1:そりゃ、予約投稿記事はあったが。

さらにオレのマンガ道その8

a-katu.hatenablog.com

 オレはむかし、絵やマンガを描く人との接点が弱すぎた。それを題材にひとくさり書いていたが、それじゃ今の「描く人」との関係はどうなるんだよと、急遽思い直して書き直しをはじめた。とは言え、むかし家族から「描く事」を悪し様に言われて凹むなどして、スタートダッシュが遅れたのは悔やまれるが。いや、その辺の「たられば」とて欲なんだろう。「もっと早く絵やマンガを描いていれば、より高みに行けたはずだ」と言う……。言ってどうにもならん事だが、言いたくもなるぜ。そこが人情ってもんよ。それに、1990年頃から数年と、2000年代前半の数年の間は絵やマンガを描く人との接点が強く、いろいろ面白かったのもあって……。いずれもオレの健康状態や家庭環境の悪化などで、その接点を失くしてしまったけど。だから「スタートダッシュが遅れた」事を悔やんでいたのよ! ちくしょーっ! ……泣き言はさておき、絵やマンガを描く人との接点は今もあって。なかせよしみid:y_nakase)さんの「創作同人電子書籍」いっせい配信企画に参加して、なかせさんなどと知遇を得たり、サブカルビジネスセンター(以下、サブカルBC)に通ったり……。それらを大切にして、描き続ければいい気はする。それでも不安になるんだから、オレと言う男もつくづく……。マー、世間と言う残酷極まるものに、何度も足を掬われたらねえ……。あと、不安がなければ、こんな記事書いてねえよ。と言っていても、オレが面白くないので、次の段落から話を替える事にした。

 1990年頃から数年、主にゲーメストの同人誌紹介欄を介して、人様の同人誌に寄稿していた。それを思い出した時「しかしオレがしゃしゃり出て寄稿した事はあっても、誰かが三顧の礼を持って寄稿を頼んだ事はなかったな」としょげたけど、もともとゲーメストでゲスト原稿募集していたところに寄稿したんだから、門戸はオレにも開いてたんだと思い直し、落ち込みを食い止めた。「なんで自分で作らなかったの」と言われそうだが、当時はオレに印刷所を使った同人誌作りのノウハウがなかったんじゃ。のちに90年代後半から2005年頃までの間に、散発的に印刷所を使った同人誌*1を出してはいたが……。そう、オレが最初に「絵やマンガを描く人との接点が弱すぎた」のを嘆いていたのは、まさに描く事や同人誌作りなどのノウハウが得られなかった事もある。そりゃ、むかしだって「マンガの描き方」の教本や同人誌制作マニュアルはあったけど、実際に人付き合いから学ぶものも大きかったので。接点が弱いなりに、学んではいたのよ。それとオレが「描く事」にこだわっているのは、そこから人と交流するのが楽しいからだろうな。要は何度かオレが言ってる「絵を通して社会と繋がりたい」って話に帰結するが。次回、そこに触れる。

(続く)

*1:むかし風に言えばオフセット本。

またしばらく……

 またしばらく、ブログ休んだ方がいいかも知れない。いえね、ブログに向かうとかなり消耗して。同じ消耗なら、絵やマンガ描いての方がいいかなと。来週も、いろいろ描かなきゃならないはずだし……。

 しかしストーリーマンガと4コマでは、勝手が違いすぎ! サブカルビジネスセンター(以下、サブカルBC)で描いてる『ちくワワ』で、それを痛感した。前から4コマ誌同様の体裁で描いてると描きづらい事この上なかったが、ストーリーマンガと同じ台詞回しを使おうとしたり、ひとコマあたりの絵の大きさの問題に直面したりのせいだった。『ちくワワ』描くまで、ほとんど意識してなかったのが痛い。あるいは、前述の問題にうすうす気づいてから、4コマを描く事に萎縮してた時期があったのかも知れないが……。いずれにせよ「描く事」に返り咲いたのは事実で、今は前述の萎縮もほぼないが。

 とは言うものの、体力の消耗はしていたので、しばらくブログは休む。

描けないには描けないなりの理由が

 練習と言うか、気晴らしに絵を描こうとして描けなかった事がよくある理由が、なんとなく分かった。描きかけのマンガが、気になっていたからだろう。いえね、『爆烈戦隊チャレンジャーズ』3話目の下描きが終わって、少し気楽になったの。そしたら「今は横道にそれた絵を描いている場合ではない」みたいな気持ちも薄らいで。チャレンジャーズも、これからスキャンやデジタル作業が待っているけど、少し休んでもいいよねと。

 しかしなー、オレも生真面目……真面目過ぎて融通が利かない……にも程があるぜ。ええやんか、マンガ描く間に別の絵を描いても。チャレンジャーズ3話は、去る7月の「創作同人電子書籍」いっせい配信企画に間に合わなかった*1のが気になっていたけどさあ。その「別の絵」とて、スキャンの頻度下がっていたしなあ。あと、絵のレベルアップを意識しすぎて、柔軟に絵が描けてない気もしたし……って、いちいちそんな文句言うから描けねえんだ! もっと「描く事」を楽しめよ、オレ。

 とか言いつつ、チャレンジャーズの下描きの間に、pixivの公式企画「私たちのコミケ録」用のエッセイマンガを1ページ描いたりもしたが。いえね、今の自分から見たら、もったいないにも程がある思い出を描いておきたくなって。その作品はpixivで見て欲しい。しかしなー、確かにエッセイマンガとストーリーマンガでは、絵柄が違うなオレ。描く時の力の入れ方や、重点にしてるポイントが違うと言うか……。そこは口で説明したり出来たりするもんじゃないから、これ以上言えないけど。前述の「確かに」は、以前人から言われたのじゃ。

 とか言いつつ、チャレンジャーズ4話以降に必要な新キャラのデザインを描いていた。筋書きはなんとかなっても、絵面は泥縄じゃどうにもならんもん。

*1:仕事などが重なって、間に合う時期にネームも出来なかった。

わはははは、描いてみるもんだね

 いやあ、知り合いなどからオレのマンガの評判が上がっておる。それで嬉しくて。最近マンガを描くスキルが向上してるのを実感したが、対外的な評価も付いて来たとは。三浦健太郎の急逝で「やっぱり、生きているうちに一本でも多く作品を描かなきゃダメだね」とこぼして以来、ガムシャラにやったのがよかったのかも知れんて。

 一方で「なんでもっと早く、マンガを描く事に真剣にならなかった? オレ」と思いもしたが、それは今は言うまい。ここ数年に限っても、持病の悪化など、どうにもならない要因はあったんだから仕方ない。どうにもならないと言えば、自分ひとりだけでマンガ描いていた時期も壁にぶち当たったが、乗り越える術が見つからず……。そこもサブカルビジネスセンター(以下、サブカルBC)に通うようになって、己をむなしゅうして学ぶ事が出来たからよくなったのは事実だ。マンガ描く事から逃げていた自分を乗り越えもしたし。そうでなければ、あちこちにマンガを発表出来てやしない。

 ところで、サブカルBCで絵やマンガだけでなく、adobeillustratorの使い方とデザインのイロハを学んだのも、実はマンガ描きにいい影響を与えている。それ以来、ひとコマのバランスとか意識し出したしな。今が一番創作にはいい時期なのだろう、ありがたいこっちゃで。

動きたくない

 いかん、薬を飲まんといかんのに、水を汲むのもめんどくさい……。そんな事書かず薬飲めばいいのだが、とにかく動きたくない。サブカルビジネスセンター(以下、サブカルBC)の仕事で疲れたのだ。4コママンガ『ちくワワ』の執筆だけじゃなく、木曜日はリタリコと言うサイトにあるサブカルBCの公式ブログ更新もある。毎週毎週、よくネタがあるこっちゃで。今週は苦肉の策として『ちくワワ』の宣伝をさせてもらったが……。あと『ちくワワ』執筆に根を詰めたせいか、4週間前は104キロになってた我が体重、現在99.9キロに。これはマンガ描きダイエット? 4週間で3~4キロ落ちるって、他の要因思いつかんぞ。

 とか書いていたあと、どうにか薬を飲む事が出来た。助かった……。話を戻して、呉市から広島市サブカルBCまでエンコラヤアコラ通っている上に、最近は4コマ誌同様の体裁で『ちくワワ』を描いてるのだ。そりゃ、痩せるわ。特にこれからの『ちくワワ』は、描くのに手間かかる内容だしよお。うっかり、いがらしみきおが『ぼのぼの』で「死神ラッコ」編からしばらく続けた「4コマのコマ割りでストーリーマンガ同様の筋運びをする」ってのを真似たばっかりに……。4コマは意外と凝った台詞回し出来んとか、描かなければ分からん制約も多いし。台詞についてもっと言えば、多くのツイッターユーザーはそこに載ってるマンガをスマホで見るのだろうが、スマホはいくら画像を拡大出来るとは言え台詞をひとコマに詰め込みすぎると、そのせいで読む気無くすんじゃないかと心配だし……。正直、苦戦している。それに見合ったリターンとして、マンガのスキルは上がっているが。

何かの役に立つと言うものではないが、必ず何かの役に立つ

 『爆烈戦隊チャレンジャーズ』の3話目の2号ロボの必殺技シーンがイマイチ決まらなかったが、ちょうど目の前にあった悟空インパルスガンダムのプラモの箱にヒントがあり、大いに助かった。いえね、悟空インパルスガンダムが如意棒構える箱絵の構図が、2号ロボの武器の槍を持つ構図の参考になって。こうしてみると、オレは決して無駄な事をしているわけではないし、何にせよ「何かの役に立つと言うものではないが、必ず何かの役に立つ」ものなんだなあと。え? ネット上の武術の写真でも参考にせんかって? そんな事、言わんといて~! と言うか、部屋が狭くてパソコンとアナログ作業を両立しづらいのだ。悲しい事に。スマホは意外と見づらいしねえ。脱線はこのくらいにして、創作にはある程度の貪欲さが必要だ。そうでないと「何かの役に立つと言うものではないが、必ず何かの役に立つ」ものは見つけられない。とりあえず悟空インパルスガンダムの元は取ったな、うん。

 ところで、最近になって創作のリソースが自分の内面にも自宅にも結構あるのに気づいて、喜んでいる。いつまでこの状況が続くか分からんが、描けるだけ描くぞオレは。最初に述べた『爆烈戦隊チャレンジャーズ』の3話目だが、下描きが大詰めになって来た。「マンガはネームと下描きが出来れば、ほぼ完成」と言う、とり・みき理論を考えると……って、1話目をそう言って4年も下描き塩漬けにしたろ。油断大敵。

また当分、ブログ休むしか

 長文書く気力がないので、また当分ブログを休むしかない。なのでこの記事も、手短に書く。

 気力だけじゃなく、時事・政治の話を避けていたら書く事がまるでないのも大きい。絵やマンガの話にしても、繰り言っぽくなって来たので週イチの「さらにオレのマンガ道」に集約してもいい気がするし。あとは過去への恨みつらみしかないが、これも不評だしよお……。そうそう面白い話が、周囲にあるでもないしねえ。

 てなわけで、またしばらくブログ休む。言いたい事が出来るまで、さらばだ。