走れ小心者 ARMADA はてなブログ版

克森淳のブログ。特にテーマもなくゆるゆると。

だるいし、腰は痛いし、正直お手上げ

 題名のような状態で、身体が悲鳴を上げてどうにもならん。やけっぱちである。身体の痛みだけじゃなく、うつ状態も出ては、ネットどころじゃねえ! 今日はこれ以上ネットで書き物出来ん、晩飯のあと、早めに寝る。しかしオレはどうすりゃいいのか? うつ状態が出たら、しばらく辛いもんな。

 それでも無理して書くが、オレはもう限界かも知れない。心身ともに、がくっと衰えが来て……。梅雨時で不調なだけならいいんだが、いろいろと今まで通りにいかなくなったんだ。今日は寝てすごす、明日は医者に薬を受取に行く日だから、どうしても出なきゃならんし。

マジであぶない奴

 このツイートで言う「やべー差別主義者」と言うのは、先頃都知事選に出馬し、無事落選した桜井誠の事だろう。オレは桜井の事をよく知らない者の方が多く、上記ツイートで言うやべーやつは少ないのではないかと思う。希望的観測でしかないがな……。今回桜井の事を調べてどう言う事を言って来たか、して来たかを知った上で投票した奴こそ、題名にも書いた「マジであぶない奴」だと思うが……。本当はこの件について、さらに引用ツイートを貼り付け考察しようかと思っていたけど、やめとく。オレが桜井誠に抱いている感情は決していいものでも公言出来るたぐいのものでもないし、いくら言葉を重ねても話がそこに行ってしまいそうで。じゃあなんでこんな記事書いたのかと言うと、マジであぶない奴が現実にいる恐怖を言語化したかったのだ。マジであぶない奴の中から、ゲロ吐きそうなくらい酷い事をする奴が出ないとは限らんから。そいつは「100人にひとりのやべーやつ」より、もっと恐ろしいのではないか? オレは日本第一党の主張や相模原の「やまゆり園事件」を思うと、そのマジであぶない奴が怖い。正直「強制収容されたり、殺されるのはいやだ。やられる前にやってやる!」と言う気持ちにすらなるわい。それとオレは、万が一選挙に出ても10万票も取れん! だから余計に……。オレたちはマジであぶない奴に、いつ殺されてもおかしくないんだ! ちくしょう。「オレは」だと「あなたを殺すメリットは、ありません」と言われそうなんで「オレたち」とやや主語をデカくした。と言うか、マジであぶない奴がいる以上、だれだって明日は我が身と覚悟した方がいいんじゃないか? たぶんこの辺共感もされんだろうし、鼻で嗤われてしまいだろうけど。

休むに休めない

 腕が痛いので休もうとしたけど、パソコンをしまう気力もなく、休むに休めない。なのでもう少しだらだら書く事にした。腕が思うように動かんから、絵描きもゲームもままならん。いきおい、ブログでぼやくしか。それはいいとして、ブログ書くのを解禁したら、書きたい事が頭から出なくなった。そこを掘り下げていたら、絶望しか出て来なかったので、急遽話題を変える。とは言え、ロクな話題が思い浮かばん。どうしたものか。ニンテンドースイッチの話題でもするか、当分引っ張れそうな気がするので。ニンテンドースイッチレトロゲーム専用機にするつもりが、最近のゲームにも面白そうなものがいくつかあるので、また財布のヒモが緩みそうで困ってる。今やってるゲームのいくつかをクリアしてからそれらに挑めば、財布のヒモがゆるゆるになる事はないが。もうひとつニンテンドースイッチの話。『世界のアソビ大全51』のゲームプレイ時間の今のところの一位が麻雀だったが、さもありなん。あれはそもそも時間食うゲームだもんな。そこからふと思ったんだが、ゲーセンでのプレイ時間を短くしてプレイヤーを満足させるために、かつて脱衣麻雀は生まれたのかも知れない。それでもプレイ時間は長めの部類に入るけど。

 『世界のアソビ大全51』だが、身体がアクションやシューティング向きでない体調の時に軽く遊べる気がするので、買っておけばよかったか。いや待て、ニンテンドースイッチのソフトはダウンロード販売もしているから、焦って買わんでも。しかし身体がしんどいと、吉田戦車のマンガにあった「やらずにすむゲームはないか?」と言う言葉が頭をよぎるね。あるいは若作りのオレも、ぬるいゲームでないと遊べないほど老いて来たのかも知れん……。悲しい。

言いたい時が、書くべき時

 3日ほど沈黙する予定だったが、何か言わんと気が滅入る一方なんで、今日からブログは再開する。ツイッターは、16日になるまで控えるがな……。と言うか、オレの生活はディスコミュニケーションがいちじるしく、ネットで独り言でも言わんと落ち着かんのだ。サブカルビジネスセンター(以下、SBC)ですら、言えば言うほど逆効果になってるんじゃないかと思えてなあ。それは簡単には説明出来ないし、もしかしたらオレの考えすぎかも知れないとも思ってるので、詳しくは書かない。

 ネットで発言するのが辛かったのは、最近スマホで文字入力するのが面倒になって来たのが大きい。今や一日で、スマホよりパソコンで文字入力してる時間の方が長くなったんじゃないかとさえ思うくらい、スマホでの文字入力がキツくて……。ちまちました画面をてちてち触りながら文字を入力してると、気が滅入って仕方ない。パソコンで文字入力した方が、話が早いんだよ! さりとてパソコンはパソコンで、座ってしか使えないから長時間使ってるとくたびれる。だから3日ばかりネットでの書き物を休もうかと思ってたが、何も言えないとかえって気が重く。オレが言いたい事を聞いてくれる場所が、ほとんどねえもん。SBCだって、やる事やり出したら雑談どころじゃなくなるし。そこに加えて、最初に書いた「言えば言うほど逆効果になってるんじゃないか」と言う不安だ。なんでこう、他人との会話やコミュニケーションに自信がないのかオレは。人生の前半で、長い事コミュニケーションの機会に恵まれなかったせいなんだが。これも言うと不愉快になる話ばかりなので、詳しく書いたりしない。こんな状況でも言いたい事があるんだから、オレも因業な。

 オレの話を聞いてくれる者が少ないし、増える可能性も低いから「絵を通して社会と繋がりたい」願望が強くなっていったのかも。オレの話を聞いてくれる者より、絵を見てくれる者の方が、多い気がするし。とか書いていたら、腕が痛くなって来た。この記事はここまで。

SDアテナ

f:id:a_katu:20200613055059j:plain

 何か絵を挙げたくなって、SDアテナを。と言うか、こんな感じのディフォルメキャラがわちゃわちゃしているようなものを描きたいけど、ところがそうはいかんのだっ! 世間がオレを苦しめるからな。この「世間がオレを苦しめる」と言うのがオレの被害妄想でしかなく、その大きな一因はツイッターではないかと思ったので、明日から3日ばかりツイッターからも離れる事にした。もとよりネットでの書き物を、明日から3日ほど控えるつもりだったし。うっかりスマホで見ないよう、ツイッターのショートカットアイコンを削除した。

 絵の話に戻るけど、CLIP STUDIO PAINTを使うようになって、かなり絵を描くのが楽になった。ベクターレイヤーで線画を描くと、自分でペン入れした絵をスキャンして描くよりいい線が描けるようになったからな。フルデジタルは上手く行かんので、下描きは自分でやってるけど。とか言いつつ、上図はスマホのフォルダに入っていた絵だが……。しかしなー、さんざんばら絵を描いて来たにも限らず『アテナ』のアーケード版はクリアしてない。パワーアップアイテムがどこにあるか、さっぱりわからねえもん。おまけにあまり同じ個所でじっとしてると空飛ぶ馬頭(めず)人*1や魔法使いが出て来て、手も足も出なくなるんですもの。ニンテンドースイッチアーケードアーカイブスで「易しい」難易度にしても、これや。どうすりゃクリア出来るのか。YouTubeのプレイスルー動画を見ると、結構サクサク進めているように見えるんだが……。もう一回調べて、クリアへの道筋を考えるしか。むかしは攻略の資料も少なく、そんな事も出来んかったけどな。やっぱりアテナは描くに限る、さんまは目黒。と言ったところで、また絵の話に戻るけど、オレはオレが描きたくない絵を無理して描く事はない気がする。いえね、うっかりアテナ絡みでグロい妄想が頭をよぎっちまって、そしたら「お前はそんなもの、ホントに描きたいのか?」と言う脳内ツッコミ役の声も聞こえて。答えは「NO」なんだが。そこで「オレはオレが描きたくない絵を無理して描く事はない」と言う話に結び付くわけです。とはいえ、10数年前2ちゃんねるでのアレな連中の「アテナでグロ妄想」開陳に辟易したはずなのに、なんで似たような事が頭をよぎったのか。連中にまだ引きずられているのだとしたら、こんな悲しい事はない。描きたくないなら描かんでもいいのに……。すまん、アテナ。オレは「思った事」が自分の本当にしたい事とは限らんと言う考えの持ち主だが、どうにも後味が悪い。やっぱりいずれディフォルメキャラがわちゃわちゃしてるようなものを描こう、オレにはグロは似合わねえ。

*1:名前は、フライングピュタンと言う。

考えようによっては酷いゲーム

 ニンテンドースイッチで1989年のファミコンソフト『ダウンタウン熱血物語』をやってるが、ニンテンドースイッチだと「どこでもセ-ブ」が使えるので、ゲーム中のパスワード機能やターボファイル*1へのデータセーブ機能が、無意味なものに。どっちみち、ターボファイルへのセーブは使えなかったが……。それはさておき、このゲーム、テクノスジャパンの『熱血硬派くにおくん』シリーズのひとつのアクションRPGなんだけど、ようするにヤンキーの抗争である。出て来る武器は生々しいし、主人公のくにおが敵対する高校の生徒をボコって金を巻き上げ、その金で飯食って体力回復したり、薬や本でステータスを上げたり……。考えようによっては酷い内容だな、こりゃ。だから収録されている『ファミリーコンピュータNintendo Switch Online』は、CEROのレーティングが「B」なのかも知れん。

 「じゃあなんで、そんなゲームやってるんだ!」と、お叱りの声がありそうだが、ベルトスクロールアクションでもあるので、つい。と言うか、くにおと言うキャラがどこか憎めませんでな。くにおは『熱血高校ドッジボール部』以来、ディフォルメキャラになってるんだけど、そのせいで。あるいはオレが、古臭い少年マンガ的な「強さ」を「男らしさ」とする価値観に弱いのかも知れん。現実のヤンキーは大嫌いなはずなのに。連中にさんざん酷い目に遭わされたから「暴力に勝つには、より強力な暴力しかない」と思っているのだったら、それは大間違いだぞオレ。「血を吐きながら続ける悲しいマラソン」と言う言葉を忘れたか?

 話を『ダウンタウン熱血物語』に戻すが、敵のボス兄弟が「ダブルドラゴン」と呼ばれていたり、下記ツイートにあるように「ザインドスリーナ」が本として出て来たり、テクノスジャパンの他のゲームネタが入っているのにずっこけた。なんでよ。

 しかしこのツイートは失敗した、添付した画面を見て『ダウンタウン熱血物語』だと気付けなければ、意味のないツイートの仕方をしちまったので。オレもまだまだだな。と言うか、ニンテンドースイッチ買って3週間も経たんのに、ゲームする気がハヤ弱くなって来た……。下記記事に書いた『大トロ倶楽部』のクソジジイのせいか、オレの持病が悪化したのか。さて。

a-katu.hatenablog.com

 しかし、レトロゲームばっかりやってんな。マー、オレ自身にくすぶっている「やりきれなさ」を完全燃焼させるために、ニンテンドースイッチ買ったようなものだしねー。

*1:と言う周辺機器が、かつてファミコンにあった。

カッポンカッポン、カッポンポン

 百面童子だ、左源太だ~よ。……やめた。誰も知らない事を書いて、笑いが取れるわきゃないので。だいたいオレだって、百面童子については知らんも同然……。『新諸国物語』シリーズの北村寿夫原作の、児童向け時代劇映画と言う事と、主題歌しか……。「それだけ知ってりゃ、充分だ~!」と言うお叱りを受けそうだが。

 しかし百面童子の話をしたら、気がだいぶ紛れた。下記記事に書いたとおり、明日から3日間沈黙する事は沈黙するが、今日はまだブログ書けるので。ただ、ツイッターは見ないようにするけど。

a-katu.hatenablog.com

 それはそうと、今日は午前中動くに動けず、昼にやっと起きる事が出来た。そんだけ疲れていたのか? 疲れていたんだけど。この記事書くのもしんどくなって来て、頭痛が。頭歯利(ズバリ)の頭は、頭痛の頭! 頭! 頭歯利の歯(バ)は、歯痛の歯! 歯! 覚えた? ……言うな、頭が痛くなって、なにがしかボケるしかなかったんだ。元ネタはズバリと言う薬のCMソングなんだが、誰も知らないわけです。だから百面童子といい、ズバリといい、なんでマイナーすぎる事ばかり覚えてるんだオレは!

 しかしなー、心身ともに不調なのに、それをどうする事も出来ん。いくら横になっても、疲れも取れんし不安からも逃れられんのだ。どうしたものやら。

明日から3日ほど、沈黙する

 スマホから文字を入力するのも辛いし、さりとてパソコンを引っ張り出す気にもなれん。休息を取るため、明日から3日ほど沈黙する。

 ところで、何度か言っている事だが、オレはひとりじゃいられない。いられないが、悪ふざけや悪ノリも嫌だ。そのため、しょっちゅう孤立している。世間が悪ノリでもなんでも「ノリの良さ」を強いているから、オレの居場所がない……。この話は機会を改めて詳しく書くけど、オレ個人としては歓迎出来る状況ではないと。

何度目だ、ファミ通の悪行

 ちくしょう、楽しくニンテンドースイッチで遊んでいたつもりが、急にファミ通で連載されていた、片山まさゆきの『大トロ倶楽部』のゲストキャラである、ゲームをdisり登場人物がゲームするのをいちいち邪魔するクソジジイを思い出し辛くなっちまった! ちなみにそのエピソードが掲載されたのは1989年の夏頃。そう、宮崎勤逮捕からのマスヒステリー・モラルパニックが起きた頃だ! ファミ通は、こんな事ばっかりして。ほんとうに、こんな事ばっかりして。ちなみに件のクソジジイ、最終的に酷い目に遭うとかもなかった……。だから怒ってるのではないか、あのクソジジイを通して、当時のマスヒステリーやモラルパニックを茶化していたのではと好意的に解釈しようとしたが、無駄だった。かさねがさね、ちくしょう。

 これも何度言ったかは知らんが、ファミ通はあの時、明治末期の野球害毒論争での野球擁護派の論客、押川春浪安部磯雄になる事はなかった! その後もずっと悪ふざけばっかりしやがって。ところで、前述の『大トロ倶楽部』の件のあと、オレはゲーセンに通うようになったんだが、当時は宗教に引っかかっていたせいでゲームから離れていた時期でもあり、ふたたびゲームを楽しむようになるまでには、さらなる紆余曲折が必要に。マー、あの頃のマスヒステリーやモラルパニックへの反発から、ゲームに返り咲こうとはしていたけど。1989年頃の精神状態は、宗教とモラルパニックのせいで、ぐだぐだだった。なんであんな事に……。しかし今もあの宗教を潰す力もなければ、ファミ通などマスヒステリーやモラルパニックに悪ノリした連中に一矢報いる事も出来ん。しょうことなしにゲームに耽るなどして気を紛らわすつもりが、なんでこうなるんだ。怒りを鎮めるため、記憶の糸をたどって、そのクソジジイがオレのオリキャラに殺される戯画でも描こうかと思ったが、別のいけ好かないキャラに似たような事をしても、何にもいい事なかったしなあ……。だから近年、オレは何にも出来ないと嘆いていたんやないかい。何をやっても、何を言っても、徒労に終わりがちで。

 しかしなー、ニンテンドースイッチだって安い買い物じゃなかったんだ。あれでゲームやる度に『大トロ倶楽部』のクソジジイが脳裏にちらついていては、買った意味がない。どうにか善後策を考えんと。当時ファミ通に抗議の手紙を出さなかったのかって? 宗教のせいで、そう言う事が出来なかったんだっ! そこら辺は別の機会に記事にするけど、当時のオレの判断力のなさや自我の薄っぺらさが恨めしくなるとだけ……。そう、巡り巡って言うと、もっと自我が強ければこうまで苦しまなくてもよかった! 嗚呼。話を善後策に戻すが、この苦悩などを共有出来る相手がおらんのが一番いけない。もう、友人知人に言う気力もないし、この記事に何らかの反論が来ても再反論する事も出来ん。誰にも理解されない感情だと、自分で分かってるからな。じゃあなんで書いたのかって? そうするしかなかったんだよ。自分の内面だけに置いとくには、あまりにバカでかい不満だからな。と言うか、宗教に引っかかる前に趣味を共有出来るか、マトモに話が出来る相手に出会えていれば、こんな複雑怪奇骨折な感情やロクでもない思い出に苦しまんでもよかったのに……。

「アマビエもずいぶん古いねえ」「江戸時代ですから」

 サブカルビジネスセンター(以下、SBC)で、こんな事が。実はSBCで最初にアマビエに言及したのは、オレなのだ。早めに下記のようなマンガを描いたからねー。

 さて、どうしよう……。どうもせんでええか。と言うか「描いて励ましあう」と言う、今年はじめに起きたムーブメントに近いし。なんでアマビエについて、こうまでもにょるのかと言うと、こんな事が起きては。

 そう、アマビエと言うやつが、何がなんだか分からない事になってるからや! 電通がアマビエを商標登録しようとして批判にさらされ、速攻取り下げたり……。下記記事に掲載した、アマビエに関する動画あたりから話をやり直しましょうよ。アマビエに先んじた存在「アマビコ」については、最近新資料が見つかったらしいし。

a-katu.hatenablog.com

 ところで題名は、アマビエもそろそろ消費し尽くされた気がしたので考案した小咄だ。