走れ小心者 ARMADA はてなブログ版

克森淳のブログ。特にテーマもなくゆるゆると。

また当分、ブログ書けない

 急に不調になり、頭が回転しない。これでは込み入った書き物は出来んので、当分ブログ書けない。不調についてだけど、昨日までロクに食べてなかったので、身体の免疫力が落ちたか。あと、急な気温の変化も。

 話は変わるが長らく気力が衰えていたので、その間言った方がいい*1事を言えなかったのが残念だ。今、何とは言わないけど。体力落ちて、思考が働かんのよ。就労支援施設に通うようになって気持ちが少し前向きになり、気力が衰えていた過去に何もして来なかった自分を恥じてはいるが、気力が衰えていたら動けるわきゃねーだろとも。とか書いたら、疲労が激しくなってきた。この記事はここまで。

*1:と、主観的に思っただけだが。

あと3時間

 この文章を書いている段階で、金がおろせるようになるまで、あと3時間だ。昨日まで4日ぐらいロクに食べてないので、はっきり言ってしんどい。こんな思いをせんで済む連中*1が憎らしい。

 なんでこんな文章を書くのかと言うと、単に中途半端な時間に起きてしまい、時間をつぶすためだ! 本来ならこんな事せんでもよかったはずなのに……。ところで、オレは食えないと下痢をする体質かと思っていた。実際4日くらい下痢に悩まされたが、コレステロール排出の薬を飲んでるのと関係があるのかも。出すものと言えば、それぐらいしか。いささか尾籠な話題になってしまったが、今、世の中にもの申す気力もないんじゃい! 腹が減っては戦ができぬとは、よく言ったものだ。

 それはさておき、7時になったらコンビニで金をおろして、飯にありつかねば。あと、滞っている支払いもせんといかんし、他にも……。とにかく飯だ、どんどん身体から力が抜けて行くのが分かる……。

*1:の、中でも相当いい暮らししていたり、お上と上手くやってのうのうとしている連中。

自己嫌悪を捨てたい

 あー、何かにつけ自己嫌悪が邪魔をして、辛い。こんな思いをしないために、自己嫌悪を捨てたい。オレの自己嫌悪は今までの人生の苦労や酷い目と深く関係しているものだから、簡単には捨てられんが、いい加減いやになったんだよ! これのせいで、上手く行くもんも上手く行かん……。

 と、書いていたらオレに「あんたの抱えている不安や不満は、そのマイナス思考さえなくなれば100%解消される事を100%私が保証する」と大見得切って、そのあと死んだ友人の事を思い出した。彼もオレを心配するかのような事を言ったかと思えば、オレがその時抱えていた不安を打ち明けたら急にキレたり、今にしてみれば「どうよそれは?」と言いたくなる行動があったけどな。客観的な状況が、マイナス思考や自己嫌悪が消えるだけで改善されるとは限らない。しかし、今のオレには自己嫌悪が大きな足かせになっているのだ。人間、不幸が長く続くと、幸福やチャンスを拒む心理が生まれるけど、今はそんなもんに振り回されている場合じゃねえ。なんとかしないと……。

死なんでよかった……

 母親から「あんたの考えは世間に通用しないんだから、何もしゃべるな」と言われて、それを守ったばっかりに孤独をこじらせた事を思い出して死にたくなった……と言うか最近「あの頃家族と刺し違えた方がよかったのでは?」とまで思いつめたけど、今は当時より孤独ではないので刺し違えなくてよかったと。それでも、あまりにもあまりにも孤独が長かったし、自分が空っぽに近いのはまだ続いているけど。題名に書いたように、死なんでよかったなとも思うが……。

 最近は就労支援施設でいろいろやっている事で、自信はついているし出来る事も増えた。ここ数年において、大当たりのヒットである。しかし帰宅すると孤独感が強くなって、辛い。単ににぎやかと言うか会話が出来る場から帰って、ぼっちになったからだけでもあるまい。ツイッターで孤独を紛らわしていたけど、ツイッターはロクでもない話の洪水でもある。それで精神的にすり減ったのかも知れない、どないせえと。

しばらく何も考えたくない

 これを書いている時点では就労支援施設での作業が忙しくて、しばらく何も考えたくないと思っている。と言うか、今までが余計なこと考えすぎていたのかも知れない。主にツイッターのせいで。いい機会だ、もうしばらく創作に集中して、下手な鉄砲を撃ってやれ。と言うかさあ、うつを克服した桜玉吉じゃないけど、自宅での執筆にはあまりに枷が多くて。就労支援施設の方が、今のところやりやすいのだ。とは言うものの、心身が疲弊しているため、長時間作業出来ねえが。いろんな仕事も入るし。

 それはいいとして、オレのマニアックな知識をそのまま垂れ流しても、マンガにも面白い文章にもならんのを痛感。ヤハリひとりで創作するのには限界があったが、今までこの辺を解消する術がなかった。サン・クロレラAは、この命題に取り組み……じゃなくて! こう言うネタをやるから、誰もついて来んのだ。「野田洋次郎のアホー!」とか言えば満足ですか、みなさん? どさくさ紛れにRADWIMPSにケンカを売るな、オレ。いえね、漢文を否定するクリエイターは、どうも……。野田だけではなく、百田尚樹もな。就労支援施設では愉快マンガを描く事にしているので、克森淳としては毒づく割合が増えての。それはそうと、オレのマニアックな知識ですよ。就労支援施設の講師に、それを入れたマンガを「情報が多いわりに、伝えたい事が分からない」と言われては、扱いを間違えたとしか。就労支援施設では分かりやすいマンガを描き、恨みつらみやマニアックな知識は克森淳として作品作りに反映させるか……。

続・種も撒かずに、実が成るか!

 またこのタイトルだが、これは今の日本の政財界へ言いたい言葉だ。はっきり言って、お前らがマトモに子育てしやすい環境作りやら人材育成やらをしてなかったから、日本は凋落の一途をたどってるんやないかい! 学校は学問でなく、お上に都合のいい人間にするための儀式を授ける場に成り果てたし、企業で働いても雀の涙ほどの給料しか出さない! それに異を唱える者を、あの手この手で袋叩き……。これで凋落しない方がどうかしている。そしてオレはそんな状況に、何もする事が出来ない。嗚呼。

 それにしても、前述の「異を唱える者を、あの手この手で袋叩き」だが、それでメシ食っているのが今のホリエモンなんだよな。あの野郎のおケツの穴めがけて、世界最初のロケット兵器「V2号」でもぶちこんでやりたい。あるいはオレの身体から、電装人バルバーのように全身からミサイルがにょきにょき出て、奴にぶちこめるだけぶちこめるものなら! ミサイルとロケットは構造は同じで、そもそもミサイルは「飛び道具」とか言う意味だったはず。それはさておきこんな酷い夢想でもせねば、怒りの持っていきどころがない。いまだに世の中の荒廃に対抗するだけの力も武器も、味方もないんだからな。それにこんなツイートを見れば、怒りもひとしおである。

 稲田朋美の不見識に、開いた口がふさがらない。軍事費より少子化対策だろ、もう遅いかもしれないが。今の日本の保守派を信用出来ないのは、こう言うところだよ! 他にも勝共連合の「権利を主張する者の言うとおりにしていたら、予算がいくらあっても足りない」と言う言葉とかな。ええ、いくらここで怒ってもどうにもならないのは承知です。しかし言わなければ、もっと苦しい思いをするんだ! 今、忙しいのに、不満を抑えて苦しむのもなんだからな。本来忙しいなら、こんなブログ書いている暇はない。しかしあまりと言えばあまりな現状に、つい。

鬼畜とは!

 7日に就労支援施設でマンガ描いてて、講師に登場人物の言動を鬼畜と言われてしまった。オレは愉快マンガを描いていたつもりなんだが、こうなるとは。格好のつく体に修正をしたものの、オレはどんだけ荒廃した世界に生きていたんだよ! と、叫びたくなった。

 あと、その時、オレが色恋が分からない野暮天だとも判明。オレの思春期は、なんだったんだ……。同時に気づいた事に、オレのセンスも世の中の見方も、とてもズレてると言う事がある。オレの人生が世間並の連中とは異なるものだから、ある程度はしゃーない気はするけど、表現のセンスを磨かなくては、いろいろ不都合がある。

 この場を借りて、オレの思春期の酷さについて書こうかと思ったが、繰り言になる部分もあるのでやめた。しかし、あの頃恋愛も出来なかったために、今になって創作の上でも後悔する事になるとは思わなかったよ。経験至上主義でもないが、人情の機敏(きび)が分からないほど人間性がアレでは、どうにもならんような。マー、オレが四六時中恨みつらみに身を焦がしてしまっていたのもよくないんだが……。なぜそうなったかは、今は言いますまい。あんたらも知りたくないでしょうが、今まで世の中に酷い目に遭わされ、こうなったとだけは。……過去を思い出せば思い出すほど、悲しくなって来るわ。なんでこんな人生を。オレの希望は、どこにある?

しばらくブログ書き封印

 通っている就労支援施設があるイベントに出展するので、作品を作らなくてはならない。そのため、しばらくブログ書き封印する。別に同人誌を頒布するわけではないけど、いくつか作品があった方が格好もつくだろうし。恨みつらみをいくら書いても、どうにもならねえし……。

 ところで、オレの雑学やオタク知識が作品の実制作に反映されているかと言うと、疑わしい。と言うか、雑味になりがちでなあ。とか書いてないで、実制作すれと言われそうだが、アイディア練りながら書いてるんだからいいじゃねえか! ……ダメだ、アイディアが出てくれんし、話もまとまらん。この記事はここまで。

昭和特撮も楽しめへん! ちゃん、某カレーあらへん!

 いかん、東映YouTubeで『キカイダー01』や『仮面ライダーX』を配信しているのに、見ていない。前者は最初少し見たけど、あまりにキツかったのもあるんだが。『人造人間キカイダー』の続編だから、単体で見るにはわけが分からない……と言うか、ハカイダーと言うキャラクターのためのボーナス映像と化した第1話がキツいことキツいこと。そうでなくても最近、なんにつけYouTubeの配信や動画を見るのがキツいんだが。

 それだけじゃない、最近どんどん娯楽を楽しむのがキツくなっている。キツいと言うより、辛いと言うか。二時間ドラマ見ていてバテたり、ショートギャグのマンガを1話読んでしんどくなったり……。ゲームもごぶさただし、何がどうしてこうなった? 持病のせいだろうな。趣味や娯楽を楽しむのにも、体力や健康がいるとは! どんだけ病人なんだよ、オレは! こんなだから最近、「趣味と恋愛をバーターにするんじゃなかったあああっ!」と言う後悔まで出るんだろうな。恋愛が成功する保証もないけど、「オタクだからモテなくていい! いや、モテなくて当然だ!」と思っていたむかしは間違いでは*1と……。病気で趣味が楽しめないこんな時に支えてくれるパートナーなといればと、いささかムシのいい考えが浮かんで。なんてこった。世の中*2のいやな事を見すぎて、厭世的になってる可能性もあるが……。言い出したらキリがないけど、こうまで物事を楽しめなくては。

 「持病がよくなれば、いろんな事が楽しめるようになる」と言っていた人はいたが、その日がまだ来ない……。いやさ、遠ざかっているかも知れんわい。スマホを入手してすぐは、YouTubeもマメに見ていたんだからな。あんなに好きだった昭和特撮すら楽しめなくなったとあっては、何らかの症状悪化を疑わねばなるまい。しかしながら、臥せってツイッターをだらだら眺めていても、病気がよくなるわきゃない! 前述の、いろんないやな事を知ってしまったのは、ツイッターからなんだし!

 繰り返すが、こうまで趣味や娯楽を楽しむ力が失われていたとは思ってもみなかった。 世の中に対する失望も持病も、すぐにどうにかなるもんじゃないから、まだ当分苦しむ事になりそうだ。トホホ。

*1:オタクと恋愛については、また話がややこしいし、横道にそれるにも程があるので、覚えていれば別の機会に。

*2:オタク界隈も含む。

生まれた星の暗さを知った今では誰も愛せない

 自分は誰も愛せない……。そう思っていた時期が、オレにもありました。思い過ごしでしかなかったけど。この場合の「愛」とは、性愛とか恋愛とかとそれ以外を区別しないで言っている。それにしても、いじけて宗教に走らなければ、人への愛情をキチンと持てていたろうに。その悔恨がいまだにうずくし、他の件も含めて題名のような気持ちすら抱かせた。でも、それではさみしすぎる。「誰も愛せない」といじけるのをやめるだけでも、生きるのは楽になるんじゃなかろうか?

 言っとくけど、別に好きな人が出来たとか言う「浮いた話」があったわけじゃないよ。ただ、いじけても仕方ないと思い直したまでで……。この先「浮いた話」があるとは思ってないけど、もうちょっと他人に心を開こうかとは。それでも、踏んだり蹴ったりな過去は消えねえが。前から言うように、ある段階で恋愛をあきらめたのは、かつて宗教に走ったのと同じくらいの選択ミスだった気がするし。恋愛するもしないも個人の選択だとは思うが、今ひとりでいると、「しくったかなあ」と言う後悔がね……。趣味や娯楽も、むかしみたいに楽しめねえしさあ。この記事、途中から恋愛の話になってるけど、恋愛以外の愛情だって似たようなもんである。自分の中の他人への憎悪に身を焦がし、自滅するわけにはいかんもんな。

 オレが最近恋愛の件を後悔しているのは、ヤハリ『ラジプリズム』で中高生の惚れたはれたをさんざん聞かされて、さみしくなっちまったからだろうねー。マー、31年前の中学卒業してすぐの頃、あるいは恋愛をあきらめた2001年に、今日まで生き延びられる事が分かっていれば人生設計も変わっていたろうが……。

 最後に蛇足。趣味や娯楽を楽しむのも、心身の健康に左右されるみたいで。身体の方はともかく、オレの心の健康が雲行きあやしいため、いろいろ砂を噛むような味気なさがなあ。これも恋愛をあきらめた事への後悔リンクしている。「楽しみが楽しみにならなくなる時が来るなら、パートナー見つけて助けてもらえばよかった~!」と言うか……。もっとも、逆に相手を助けねばならん時だってあろうが。