走れ小心者 ARMADA はてなブログ版

克森淳のブログ。特にテーマもなくゆるゆると。

うう、相当ストレス溜まってるな……

 今、相当ストレス溜まってるなと、つくづく感じている。事の優先順位を顧みずゲームにハマったり、すぐ欲情したり、やけ食いしたり……。お手前いくつでござるかと、自分に言わざるを得ない。行動が、あまりにガキっちくて。いや、ストレス解消が出来ず恨みを募らせるよりは、どんなにか。最近、ひどかったものなあ……。

 欲情の件だけど、金輪際異性から愛される事はないと思うと、余計に求めてしまうのだ。オレは空想や二次元エロで満たされるタイプだからまだいいけど、そうでなかったら辛すぎたろうな。尾籠なんで、具体的に何故かは言わないけどよ。しかしなー、オレは「この人となら、一緒にいてもいい!」と、相手から思われるものが何もないので、悲しい。恋愛を捨てて創作に走ったり、人間関係構築能力が弱かったり、そもそも自分の人生が「出会い」と無縁だったりと他にも要因はあるが「自分の魅力を磨く」事を怠ったのが、恋愛出来なかった最大の理由ではと……。書いてて、あまりにも酷い結論だと、我ながら思うが。マー、だからこそ空想や二次元エロと言う、代償行為に耽るんだけど。空想やフィクションは、人生が上手く行ってない者のためにあるのだ。

 いかん、欲情うんぬんの話をしたら、余計に辛い事に。ううう……、頭も痛いのでこの記事ここまで!

つ……つれー!

 なんだかとても辛い。うっかり嫌な過去を思い出したばっかりに、これや……。そのためオレをいじめた連中の罵声や嘲笑が、フラッシュバックするんだよ! うおお。とか書いていたら、フラッシュバックは小康状態になった。こんな風に不幸を反芻するより、幸せを反芻したいよオレは……。くおお。

 これも不幸の反芻になるだろうが、行く先々で「頭がおかしい」と嘲られまくり、安定した仕事にも就けず、挙げ句に統合失調症にまでなった人生が面白いかと言われたら、否としか! その辛さを忘れるために、いろいろ絵やマンガを描いていたものの、最近プライベートで描く余裕がなくなりつつあるし……。おまけにゲロ以下の臭いがプンプンする酷いマンガ群に、オレのマンガは太刀打ち出来ねえのだ! 何の話かは言いたくないがな。若い時分に、真剣に絵やマンガを描いていればよかった……。DQNやカルトに酷い目に遭わされたり、落ち着いて創作できる環境じゃなかったけどよ。今は描けると言うのを大切にして生きようと思ってはいたが、公私ともにそれを許してくれそうにない状況なり。トホホ……。

 いや待て、前述の「若い時分に、真剣に絵やマンガを描いていればよかった」だが、それじゃあまりに過去のオレが可哀想じゃ……。過去に描いていたから、今も描けているんでしょうが。前後ホコトンになっているな、少し。ここまで書いて、やっと落ち着きを取り戻した。どんだけストレス溜まっているんです。……毎日辛い思いが続いているんだから、仕方ないか。

やっぱり何か書いてないと、余計に辛い……

 んー、いろいろ辛くて黙っていようとしたが、何か書いてないと余計に辛くなる! 仕方ないので、ブログを再開する。それにしても、面白いマンガってどうすりゃ描けるんだろう? かつてサルまんで、劇中の竹熊健太郎が「ギャグマンガは類型化出来ない」みたいな話をしていたが「面白いマンガ」も、そうなんだよな。だって、ひとりひとりフィクションの好みは微妙に違うもの……って、ここまで書いて話が続かなくなった。これ以上は私怨めらめらな内容になりそうで、頭がブレーキかけたみたい。この、頭がブレーキかけるのが、創作では足を引っ張っているのかも知れんが。

 あ、それから。オレにはヤンキー・反社系バイオレンスものは合わないみたいだ。ある事で、それを実感……。差し障りがあるので、詳述はしないが……。オレにはマンガのスキルはないみたいだから、その手の作品の作者が憎くて仕方ない。だけどもう、オレにはどうにも出来ねえのだ。

考えれば考えるほど、辛くなるだけだ!

 ダメだ、要らん事考えると余計に辛くなる。しばらくブログ書くまい……。思考のリソースを、出来るだけ確保したい状況でもあるしなあ……。ぬおお。

 おまけに、放置していた私的な問題の数々が、牙を剥いて襲って来たし! 助けて。

パパと遊ぼう! 冒険ポン父(ちち)

 ああ、また変な題名を……。何がポン父だよ……。こんな題名に逃げる程度には、気が滅入っていたのは事実なんだが。腹が立つ事がいろいろあっても、しがらみのせいでブログに書くわけにはいかないし、趣味でマンガを描く余裕すらないし、世の中が恐ろしいし……。とは言うものの、嘆いている暇もなさそうだ。ぬおお。

 それはそうと、オレは長年の不幸や不遇で、自分が思っている以上に人間不信だったようだ。ホント他人が怖いし、やられた酷い目を世間のDQNにやり返したくなるし、未来を信じられないし……。ぬええ。こんな荒んだ心境で、よく馬鹿げた大事件を起こさないでいられるなあ……。それにはそれなりの理由があるが、言うに言えない……。倫理観を疑われるからな。それでも、死んだクソ親父よりはまだモラリストだと思うけど。

いろいろ考え直した……

 このブログ、あまりに泣き言が多かったので、それじゃいかんなと考え直した。他にも考え直した事はあるが、口で言う話ではないと思っているよ。

 ところで、同じダメになるなら、やるだけやってダメだった方がいいなと。アントニオ猪木じゃないが、やる前から負けること考えてたらダメだ。ぬおお。とにかく、やるだけやってみるさ。

いろいろ嫌になってきた

 最初この記事は「下手にセックスするより、一生童貞でいた方がよかったのでは……」と言う話をするつもりだったが、書こうとしたら嫌な事を芋づる式に思い出してしまい、とても最初の話が出来る状態じゃなくなっちまった! なので題名まであんな感じに……。

 「一生童貞でいた方がよかったのでは」と考える事自体、むかし抱えていた性嫌悪*1によるものかも知れない。なんでそんな思いをしなきゃならんのかと、悲しくはあるが。周囲のミソジニーに対する反発から、ある種の潔癖症が出たのが一因な気がするが、他にもいろいろあるし、前述の脚注にも書いたがそれらを詳述するわけにはいかない。頭が働かないし、余計辛くなるし。だが、異性に愛される事をあきらめた事から来る自己嫌悪も「一生童貞でいた方がよかったのでは」に繋がっている気はする。人間関係構築能力のなさが、こうまで自分を苦しめるとは……。ぬおお。

 とは言え、人間関係構築能力は、自分だけじゃどうにも。世間で酷い目に遭って来た以上、どうしてもね。あと「女は紙と画像だけで充分」と、言いきれないからなあ……。言いきっても、別の意味で辛かろうが。異性の愛を一生得られないなら、別の幸せが欲しい……。大金とか。大きな金玉が丸焼けになっちゃったとぶぁ~い!

*1:なぜ、そんなもんを抱える事になったのかは、簡単には説明出来ないから割愛。

オレのマンガ道疾風怒涛編その6

a-katu.hatenablog.com

 ひさびさのこのシリーズ、弱音からはじめさせてくれ。今のオレは絵やマンガを描く事に対する自信が、粉々に打ち砕かれた! 前にも同じ事言った気がするが、そんな事は今や問題ではな~い! 世の中の多くのエンタメから背を向けたばっかりに、面白い作品を描く事が出来なんだ……。今から「履修」*1しても、身に付くか不安だ。マー、嘆いても作品の質が上がるでもないので、描かねばならないんだが……。

 あと「嫌いな」他人のマンガへの憎悪もただならぬものがあったからな、オレ。嫌なマンガを読みたくないあまり、抱かなくてもいい憎しみを抱いてしもうて……。持病のせいで、未知のマンガを読むのが苦痛だったのもあったが、かなり慄然としているよ。ホント、これからどうすりゃいいのか。人様のマンガへの不満を、自分で描く事でなんとかしようと言うのは悪くなかったけどね。

 少し話を戻して。持病のせいもあるんだが、世のエンタメを受け付けなくなってるのはまずい。2005年にテレビで『住吉駕籠』と言う上方落語を聴いてて笑ってた時、急に「こんなに笑っていて、いいんだろうか?」みたいな気持ちになってしまって以来、エンタメにのめり込むのがどんどん難しくなって……。そりゃ当時、家庭がゴタゴタしていて、いろいろ潰れそうになっていたのもあるけど……。「出力は入力を超えられない」と言う。エンタメ補充不足で、これから先面白いマンガが描けるのかしら……。非常に不安である。だから「今のオレは絵やマンガを描く事に対する自信が、粉々に打ち砕かれた!」と……。自信回復と、エンタメの「履修」を同時にしなければならんのか。大変だなあ……。

(続く)

*1:エンタメにこう言うのも、堅苦しいし押し付けがましい気はして好きではないが、他に言いようもないのでカギカッコ付きで使う。

しばらく、我が身をいたわろう……

 潮来のいたわろう……ゴメソ。さておき、あまりに我が身を顧みない事をしすぎた傾きがあったため、しばらく我が身をいたわる事にした。ぬええ。正直、しんどいのよ。

 おまけに、いろいろいっぱいいっぱいなんで、事の優先順位を決めかねてもいる。今は静かに休ませて……。てなわけで、今日は出来るだけ休む。

怒りが教えてくれた事

 先日、pixivでエッセイマンガをちょこちょこ読んでいたら、嫌な内容のそれをおすすめもして来たので、その作者をブロックした。しかしそれでもブロックした奴の作品をおすすめするもんだから、ミュートを使うためpixivプレミアムに入会せざるを得なかった。最初は悔しいし、作者にもpixivにも腹が立ったが、今にして思えばオレは楽しみや楽しみの場を維持するためなら、金や労力を惜しまないタイプだったのかも。此度の我が怒りは、それを教えてくれた気がする。

 ……とは言うものの、pixiv事務局が無料会員のミュート可能件数を増やしていたらねえとも思うけど。プレミアム会員は500件なのに、無料だと1件だけなのよ。その1件は既に使っていたし……。いやいや、そんな愚痴を言っても仕方ねえ。プレミアムの機能を堪能しますかね。