走れ小心者 ARMADA はてなブログ版

克森淳のブログ。特にテーマもなくゆるゆると。

オレのマンガ道疾風怒涛編その2

a-katu.hatenablog.com

 前回は泣き言が多かったが、物価高などで生活が苦しい中、創作するのはきついのよ……。収入が激増する見込みもねえしよおーっ! 今の世の中、恒産なき者は黙ってろってか? 腹が立つなあ……。オレの嫌いなマンガ家は、じゃんじゃん金が入ってウハウハなのに……。いらんケンカにしかならんので、誰の事とは言わんけどな。言って連中を倒せるわけじゃなし。しかしだ、オレにあまりに実力がないのも事実なんだよな……。んなもんあれば、何らかの形で創作で結果が出てるよ! 悔しいなあ……。

 そんな中、このブログに拙作『ちくワワ』へのラブコールと言うか、嬉しい感想が来た。欲を言えば、サブカルビジネスセンター(以下、サブカルBC)で描いていた時に「スタッフの耳に入る形で」言ってもらいたかったが。さておき、見ず知らずの方が嬉しい感想を述べるには、それなりに拙作に力があったって事だ。これが前述の「何らかの形の結果」なのかも知れない。仮に筆を折っても他にする事もないし、もう少し描き続けてみるか。

 えらい弱気な発言が続くが、自分の創作がまとまった金にならないのを痛感して以来、いろいろ苦しんでいるんだ! 電子書籍を有償で売り出したのが間違いなんじゃないかとか、いらん苦悩が募って……。もちろんそれは、今まで金を出してくれた人たちに失礼極まる考えなんだが、自分のやってる事が逐一許せない時には、考えてしまう。オレがこの世で一番憎い人間は、オレ自身だからね。一番可愛いのも自分なんだけど。

 いや、自分の力不足と向き合い、何度も打ちのめされながらも描き続けていたオレは、それだけでも偉いよ。だからこそ内輪を中心に、電子書籍が捌けていたんやないかい。

(続く)